ここから本文です

クソ野郎と美しき世界 (2018)

監督
園子温
山内ケンジ
太田光
児玉裕一
  • みたいムービー 2,255
  • みたログ 5,159

3.21 / 評価:4805件

解説

稲垣吾郎、香取慎吾、草なぎ剛と4人の監督がコラボレーションしたオムニバス。『愛のむきだし』『冷たい熱帯魚』などの園子温監督と稲垣吾郎、演劇プロデュースユニット「城山羊の会」で活動し『ミツコ感覚』などでメガホンを取った山内ケンジ監督と香取慎吾、お笑いコンビ・爆笑問題の太田光監督と草なぎ剛が組み、 エピソード4の監督を映像ディレクターの児玉裕一が担当する。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

全速力で走るフジコと、フジコを追うマスクをした極悪人マッドドッグは、天才ピアニストのもとへ向かう(『ピアニストを撃つな!』)。歌を食べる少女「歌喰い」と歌えないアーティストは……(『慎吾ちゃんと歌喰いの巻』)。失った息子の右腕を捜す旅をしている夫婦が、沖縄の海にたどり着き……(『光へ、航る』)。クソ野郎たちが集まるダンスフロアで……(『新しい詩(うた)』)。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ