2018年1月20日公開

ガーディアンズ

ZASHCHITNIKI/THE GUARDIANS

892018年1月20日公開
ガーディアンズ
2.7

/ 229

9%
16%
27%
31%
17%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

冷戦下のソ連。違法な遺伝子操作で誕生した、特殊能力を持つ兵士による超人部隊が作られようとしていた。しかし、科学者のクラトフが研究所を爆破し、超人たちも姿を消してしまう。50年後、超人化したクラトフがロシアの崩壊を画策。獣化能力を持つ科学者アルススらかつて行方をくらました4人の超人は、クラトフを倒すため再び集まり、ガーディアンズを結成する。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(47件)

かっこいい11.0%ファンタジー10.3%楽しい9.6%勇敢8.8%笑える8.8%

  • pop********

    2.0

    歴史ゼロのアメコミ映画

    今観たばっかりなのにもう記憶があやふや。ロシア版アメコミ。いやロコミ?ロスコミ?まあ、なんでもいいや。 本当にアメコミ映画のしょっぱいパクリだ。サリュート7と言い、アメリカに対抗意識を持ちながら、パクった上にボロ負けすると言うポリシーもプライドも感じさせない作品作りには辟易する。これなら鉄のカーテンの内側で人知れず奇作を作り続けていたソ連映画や、独自路線を切り拓こうと毎回失敗している中国映画の方がよっぽど魅力的だ。 やっぱりこういうヒーロー映画というか、シリーズものって歴史が大切だなと思った。ぱっと出のヒーローに好き勝手過去を語られても「お前誰やねん」って思うだけで何の愛着も湧かない。マーベルが紆余曲折、試行錯誤ありながら圧倒的な技術力で映像化に成功したのは、それが出来る愛と力と設定を支える歴史があったからなんだろうと思う。正直自分はあまりアメコミに精通していないが...それでも初見でしっかり楽しめた。本作は多分10割の人間が初見だろうが、その中でどれだけの人間が楽しめただろうか?「笑える」「ツッコめる」は正規の楽しみ方ではなく、視聴者が苦し紛れに見出した楽しみ方なので、それは楽しめるとは言わない。 設定すら碌に固まっていない黒歴史ノートを大金叩いて映像化すると痛い目見るよ、という反面教師的な作品。

  • MarkZain

    2.0

    ロシア軍侵攻前に放送

    1月にテレビでやっていたのを録画していてGWに暇なので見ました。 内容的にも侵攻してからだと100%放送差し替えになっていましたね。 まぁ内容云々関係なくロシア映画というだけで放送中止になっていたかもしれませんが。 作品の出来としてはハリウッド映画ってやはり凄いんだなと思いました。

  • pan********

    2.0

    ロシアの超人集合

    マーベルのヒーロー映画のようです、最初登場したマシーンはどんな武器もかなわないなと思いましたが、殆ど登場せず、出てきたと思えば戦車と同ラベルで破壊され、個々の超人たちのストーリーが浅すぎてあまり入り込めない代わりにストーリーテンポは早いです、なんだか最後のカットは次がありますみたいなエンドでした。CGは頑張ってました。

  • 1048

    1.0

    とにかくつまらん

    開始30分でもうどうでも良くなった(笑)

  • mr_********

    4.0

    クマさんに変身(笑)

    ロシアの超人大集合のSF映画。 もちろんハリウッドのアベンジャーズやXメンをかなり意識していますね(対抗意識?w) 冷戦時代のソビエト連邦では遺伝子操作の研究で超人を誕生させていたが、中心人物のクラトフ博士の反逆により、研究所は閉鎖され、クラトフは粛清されるところだったが、からくも逃走。 超人たちも姿を消していた。 50年後、クラトフは超人的なパワーをもつ人間になり、ロシアに挑戦状をたたきつけてきた。 迎え撃つのは、姿を消していた4人の超人たちだった。 念力で岩を自在に扱って岩石男になるレア。 格闘技に長けていて透明にもなれる美女クセニア。 変身すると力持ちのクマさんになるアルスス(笑) 瞬間移動が出来て二刀流の忍者のようなハンの4人。 彼らをまとめるのが軍服姿も凛々しいラーリナ少佐。 この少佐(ヴァレリア・シャキランド)がツンデレ風でたまりません(笑) モンローウォークも披露してくださるのでお見逃しなくw 映画の方ですが、CGはかなりがんばってます。 特に、冒頭のAI搭載の重装備マシーンVS無人戦車の戦闘シーンは素晴らしかった! これは楽しめそう!と思ったら、その後活躍することもなく残念でした! アクションもそれなりに頑張っているのに、何か足りません。 それは見せ方じゃないかと思います。 淡々とシーンが変わっていくだけで、引き込まれるものがない。 いつの間にかモスクワが壊滅状態になっているのも変! 映像で見せるべき。 ここら辺りは、ハリウッド映画を何十回も見て勉強する謙虚さが必要だと思います。 ただ、映画が終わってから、ワンカットをいれるって、そういうところだけマネするんじゃないよ! ラーリナ少佐に☆ひとつおまけしました!w

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
ガーディアンズ

原題
ZASHCHITNIKI/THE GUARDIANS

上映時間

製作国
ロシア

製作年度

公開日