ここから本文です

エンカウンター 地球外侵略者 (2017)

ENCOUNTER/BEYOND THE SKY

監督
フルヴィオ・セスティト
  • みたいムービー 1
  • みたログ 17

2.38 / 評価:13件

SFドキュメンタリーの再現映画?

  • msa***** さん
  • 2017年12月28日 10時26分
  • 閲覧数 387
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

この映画、WOWOWで観賞!

冒頭に実際にあった出来事をもとに再現したかのような字幕が?
真実なのかモキュメンタリーなのか半信半疑のまま観賞スタート!

主人公はUFOに母親にさらわれたと主張する父親を嫌いカメラマンとともにUFOの存在を否定する事実を撮影にあの有名なロズウェルに向かい取材する。

ロズウェルでは、UFOを題材とした様々なビジネスや実際に被害にあった人たちが大勢いてエイリアンの存在も信じているのが当然という雰囲気だ。

主人公は精神病の一種だと証明しようと試みるが、存在を認めざる負えない様々な証拠や現象が起こる。

すると、UFOビジネスの親方がすぐに出ていくように脅しをかけてくる。
なにか、嗅ぎまわれると困ることでもあるのか。
「すごい、胡散臭いな!」

過去に7年おきにUFOにさらわれてる女性に近付き取材を重ねるうちに愛情を感じるようになる。
この女性はUFOの存在を信じて疑わない。
また7年目をむかえる女性を何とか助けたい主人公。

その時に、突然の襲撃を受け3人は監禁されてしまう。
犯人はUFOビジネスのボスだった。
すべてビジネスのための丁稚上げだった!
「何だ、このパターンか?」

なんとかその場を逃れた3人だったが、崖のそばまで追い込まれてしまう。
絶体絶命です。
すると、遠くのほうからピカピカ輝いたUFOが接近してきます。
驚くボス!
「本当にUFOいたんかい!」

すると主人公と女性の2人はUFOの中に飲み込まれていきます。
気が付くと、女性は固定され記憶をいじられてるようです。

何とか脱出したところにエイリアンが・・・。

エイリアンと話す?と過去の辛い記憶を消すことで人間がどう変わるのか実験しているらしい。
解放してくれと懇願する2人は、気づくと崖のそばの原っぱに。
そこに、異様な光を見たマスコミが殺到・・・。

UFOビジネスのボスが逮捕されたというニュースが流れ、UFOは本当にいたのか?という報道がされたところで終わる。

この映画、どこまで真実なのかわからないのでモヤモヤが残る。
特に目新しさもなく、可もなく不可もなくといったところか?
お薦めはできない!

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • パニック
  • 不気味
  • 恐怖
  • 勇敢
  • 絶望的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ