ここから本文です

名探偵コナン ゼロの執行人(しっこうにん) (2018)

監督
立川譲
  • みたいムービー 1,231
  • みたログ 7,280

4.09 / 評価:5,864件

面白い。でもコナン映画としてなら違和感

  • siz***** さん
  • 2018年4月16日 2時30分
  • 閲覧数 2822
  • 役立ち度 38
    • 総合評価
    • ★★★★★

コナン映画1作目から見てます。
安室さん好きにはたまらない映画になったのでしょうか。
盗聴器のくだりから、彼の冷酷な一面など危険な男はいつだって魅力的ですね。
コナンくんの「安室さんって彼女いるの?」のシーンなんて正直かっこよすぎてやばかった。これは安室さんのファンが多い気持ちが分かる。むしろ私も大好きになった。
でも冷静に考えたらコナンの映画としては少し違う気がする。

完全に邦画アクション。警察モノジャンル。
小学生の頃からコナンを見続け20代後半になった今でも、
正直難しすぎてよく分からないまま進んでいくシーンが多い。
公安警察の説明なんて完全に子供には理解できないのではないでしょうか?
ひたすら警察!検察!弁護士!警視庁!警察庁!うーん分からん!!!
誰がどこ所属で、誰が偉くて、どこの部署が何してるのか全く覚えられん!!
序盤は小五郎のおっちゃんが容疑者になってしまい、手に焦る握る展開が広がりましたが、あっさり釈放され、気付けばコナンくんも安室さんと協力し、安室さんがとんでもない運転テクニックを披露。
最後はお決まりのサッカーボールで解決!

待って。
とりあえずモノレールの上や横を車で走る抜けるシーンとサッカーボールエンドは、もうこれでいい。
これがコナンだ!現実みたいに「できるはずがない」と冷めた目で見てしまえば面白いものは生まれない。これでいい!!
けど最後、小五郎のおっちゃんを容疑者にした説明と、安室さんの「あの人を容疑者にすれば君が動いてくれるだろ?」(台詞曖昧ですみません)
で納得してしまうコナンくん大丈夫!!!???
え!?自分の彼女の父親が無実の容疑で逮捕されて、めちゃくちゃ大変だったのに、「君が動いてくれるだろ」で納得できる!?
あまりにパニック過ぎて少し台詞違うと思うんですが、そんな感じでしたよね。
普通めっちゃ怒らない!?馬鹿にするな!!ってキレない!!??

そして福山雅治の主題歌が流れた瞬間、なぜか頭ではドラマ「ウォーターボーイズ」感がめっちゃ出て、笑ってしまいそうになったのは私だけ…?
いや、福山さんめっちゃ好き、めっちゃ好きだけど、やっぱりここはビーズでは…?と正直思ってしまいました。(記号が表示できないためカタカナ表記で失礼)

1作目の電車に爆弾が仕掛けられた時の一体感、最後蘭が赤と青どっちを切るのかというハラハラ感。
2作目のトランプの順番に殺されていくあの恐怖。
3作目のキッドのかっこよさはもちろん、圧倒的に作りこまれた世界観。
4作目の蘭が記憶喪失になり、噴水の中心で記憶を取り戻す感動。
5作目の生きるか死ぬかギリギリの決断

あの高揚感が、今のコナン映画には無いかなあと少し残念です。
あと蘭と新一の描写がめちゃくちゃ減りましたよね。
タイトルの通りアクション映画として見るなら凄く面白い。
でもコナンとして見るなら、私は少し物足りなさを感じました。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 楽しい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ