レビュー一覧に戻る
切り裂き魔ゴーレム
2018年2月6日公開

切り裂き魔ゴーレム

THE LIMEHOUSE GOLEM

- 2018年2月6日公開

ゆき

3.0

ネタバレ映像が兎に角綺麗

配信にて。予告をまず見たんですが、兎に角映像が綺麗!劇団や中世という作品の舞台が映える題材と言ってしまえばそうなのですが、これこそ映画館で見たら感動するだろうな~と思いました。 ストーリーは、夫殺害の罪を着せられる夫人と、ちょうどそのタイミングで起こっていた連続殺人の調査をする警部メインです。 最後にどんでん返しがあるんですが、日記に寄り添っているにも関わらず、今の当人は黙秘を続けるので最後で、真相はわかってもおいてけぼり感を喰らいました。 何故彼女が黙秘していたのか、解説を読むと夫のことが好きじゃなかったとあったのですが、私にはとてもそうには思えませんでした。そして、もう一人のダンの存在。減刑を求めていたはずなのに、最後どんでん返しを食らったあと結局真相を知った警部がどうしたのかも曖昧のまま、それなのに刑はやはり決行。気付いたらラスト、彼女の人生をテーマにする舞台が上演されていて、主演を勤める女優が演出の都合で絞首刑を模して死んでしまう。 とても魅力的なテーマ、映像だったのに少し残念でした。見て損もないとは思いますが、「なんだかなぁ~」といった後味です。

閲覧数856