2018年6月1日公開

レディ・バード

LADY BIRD

PG12942018年6月1日公開
レディ・バード
3.7

/ 990

21%
39%
30%
8%
3%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

レディ・バードと名乗り、周囲にもそう呼ばせているクリスティン(シアーシャ・ローナン)。高校生最後の年に看護師の母マリオン(ローリー・メトカーフ)と進学先を決めるために大学見学に行くが、帰りの車中で地元のカリフォルニア州サクラメントから離れて都市部の大学に進みたいと言ったことから大げんかになる。それ以来、母と衝突を重ねる一方、親友のジュリー(ビーニー・フェルドスタイン)とも疎遠になってしまう。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(152件)

かわいい18.1%切ない15.7%楽しい14.0%笑える12.6%コミカル11.0%

  • tom********

    2.0

    青春映画

    ありがちな物語。

  • hal********

    3.0

    親は大変!

    アメリカの厨二はレベルが違うわ…いや高校生なんだけどね。 ありきたりな名前なんてダサいからキラキラネームで呼ばせる、イキって外部講師に悪態ついて停学になる、意中の子に近づく為に親友を乗り換える…。 活動的なバカほど恐ろしいものはないっていうアレよ。 そんな、年齢は大人でも中身は子供のクリスティンの成長を追う青春ストーリー。 ストーリーはありきたりなんだけど、カリフォルニアの美しい街並みとシアーシャ・ローナンの瑞々しさに、力技で魅せられてしまった。

  • どみのぴざ〜ら

    1.0

    星ゼロ!

    アメリカではかなり人気あったらしく批評家達からも絶賛されたようですが、ただただ「は?」って感想しか出ない。元々はジョナヒルの妹、ビーニー・フェルドスタインが出てるので観ました。それと今をときめくティモシーシャラメが素敵!それだけ。あんな母親、たとえ映画の中とはいえめっちゃ疲れる。主人公はどっかで見たことあるなぁ、とwikiで調べたらなるほど、ラブリーボーンの女の子でしたか。とりあえず最後まで観ましたが、もしこれを映画館でお金払って観ていたら・・・ブチギレだわ。

  • msc********

    1.0

    どこまでも等身大、そして何処までも表面的(薄い)な、最近よくみる流行りの映画

    ほぼ、Webショートムービーみたいな作品。 ★1.5  女性の観客が対象顧客なのだろう。 (同じくシアーシャ・ローナン主演の「ブルックリン」の二番煎じか? 話の筋も何か似てる) ただ、私の心に刺さるモノは、これっぽっちも無かった。 ストーリーは至って普通以下。テンポのみ良いが、深みゼロ。見どころ無し。ノリは半分コメディ映画(実際コメディ映画なのかも)。何でもかんでも詰め込んだけど、(そのせいで?)全てが薄っぺらい。 観終わったあと、見事に何の印象も残らない (アメフトコーチのプレイブックの件のみ面白かった) 正直、最近のこの手の映画には、もう飽きた。 ここが良いとか嫌いとか、ここをこう変えた方がイイとか、そんなレベルにまで達してもいない。 ただただ低印象、低評価な、ライトコラージュ映画。 残念、、、

  • Cakewalk

    3.0

    こういう内容だったか

    学校の規則でスカート短いのをウルサイ規則が鬱陶しかったな。 ミニスカのシアーシャローナンをみたかったぜ!笑 ティモシーシャラメ最近よく見るな

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


受賞歴

NY批評家協会賞第83回

作品賞女優賞

ゴールデン・グローブ第75回

作品賞(コメディ/ミュージカル)女優賞(コメディ/ミュージカル)

LA批評家協会賞第43回

助演女優賞

基本情報


タイトル
レディ・バード

原題
LADY BIRD

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日