ここから本文です

劇場版 コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命- (2018)

監督
西浦正記
  • みたいムービー 2,442
  • みたログ 1.7万

2.77 / 評価:14,292件

バラバラな物語

  • irr***** さん
  • 2019年5月6日 14時51分
  • 閲覧数 1583
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

冴島さんの結婚式のシーンはとてもよかったです。
シーズン1から1番、医療関係者としてではなく個人として大切な人の死と向き合ってきた彼女が、笑顔でウエディングドレス姿を見せてくれたのには思わずほろりときました。
ガン患者のカップルや周りに背中を押されて、という一連の流れも思わず泣いてしまって、とても心に残りました。

ですがやはり「救急の人たちがこんなに長い時間現場を離れていて大丈夫なの?」という違和感は、感じました。

藍沢先生が感電して死の淵をさまよっていたことも、他の人のレビューを見て「そういえばそんなこともあったな」という感じです。
とくに意味もなく死にかけて、周りの人物にも何も学びを与えなかったので、「このエピソード必要だったのかな」という感じです。

雪村さん親子やフェリーでの親子の確執の描き方もなんだかリアリティがないというか、ご都合主義でまとめられてしまっているなぁ…と感じました。
あれほど嫌悪している母親に、簡単に触れるんでしょうか?
自分を殺そうとしていた父親の生還を、本当に願えるでしょうか?

ひとつひとつのエピソードが独立しすぎていて、なんだか別々の映画のように感じました。
作品を通して一貫したメッセージがないので、最後の藍沢先生の「言葉がなくても伝わることがある」みたいなモノローグを入れられても、全く共感できないというか、「ん?今そんな話してたっけ?」という感じです。

もし続きがまた制作されるなら、是非以前の脚本家さんのコードブルーをみたいなと思います。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ