ここから本文です

劇場版 コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命- (2018)

監督
西浦正記
  • みたいムービー 2,438
  • みたログ 1.7万

2.76 / 評価:14,397件

俳優さんは作品をよくわかっている

  • smo***** さん
  • 2018年7月30日 20時58分
  • 役立ち度 91
    • 総合評価
    • ★★★★★

大好きな3人娘そろい踏みとあっては見ないわけにはいきません。
珍しいです。これだけ女子が揃って嫌味がないなんてゆーのは。

そしてガッキーがアルバムのような作品をつくっていただいて・・・と何かのおりにいってましたが、まさにそのような作品でした。
そうまさに!俳優さんってのは演じてるだけあってその作品の性質をよくわかっているものなのだなぁと感心してしまった。

コードブルーの恵梨香様は個人的にナンバーワン!でして・・・なんつーかっこよさでしょうか。いいやつぶりでしょうか。かわいいやつなんでしょか!!
そして、いいやつでかっこいいといえば比嘉様
本当に美しいし、できるし、かっこいいし、優しいし、何つーいい嫁でしょうか。まじで。藤川先生のキャラがまたいい二人の空気をかもします。

大好きなガッキーが一番影が薄いくらいです。それでも、自分のできることをまじめにまっすぐに、そして、いつもみんなを見てる。そういう役がとても素敵でした。

藍沢先生が家族みたいなもんといったその距離感。それが、この作品の本当にいい部分で、それが感じられる演者さん達の距離感もとてもいい雰囲気を出しているのだと思います。

新人さん達をつかった作品が映画の前にたくさん流されていましたが、彼らも彼らなりにドラマがありますし、個性を少しでも理解してもらうためにも必要だったのかもしれません。ただ、コードブルーをうたうのはここまでにしてほしいですね。いい俳優さん達だしキャラもけして悪くありません。いい配役だとも思います。それでも映画のためだと思うからなんとなく理解できますが、コードブルーをうたうのはやはりあの5人だからこそだと思うのです。

だから、やるんなら別でやっていただきたい。

で、アルバム的というのはいい面もあるけど、もちろんよくない面もありまして、いろんな出来事がありすぎて、緩やかな山のあるエピソードが続き、それでも日にちがそうたっていないという内容は逆に長く感じさせたのではないかと思います。いつもより途中でトイレに立つ方も多かったなぁと思いました

冒頭はまさにアルバム的で、見てないとさすがにわからないとこあるかと思います。

それでも、個人としては非常にほほえましく、この5人で集結するとお金もかかるのでしょうし、そのために映画となったんであればそれも良しと思います。
ただ、映画なんだから派手にしなきゃという意図とそういう意味でいうと半端な事故(ドラマの最後のほうがでかい気がする・・・)とか出来事がやや物足りなさも醸しだしています。が、5人の集合写真が本当にいい具合で結局最終的には満足した!という評価といたします。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 笑える
  • 勇敢
  • 切ない
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ