2018年5月19日公開

29歳問題

29+1

1112018年5月19日公開
29歳問題
3.9

/ 86

35%
38%
16%
5%
6%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

香港で暮らすクリスティ=ラム・ヨックワン(クリッシー・チャウ)は、仕事も恋愛も順調だったが、30歳の誕生日を1か月後に控え、仕事のプレッシャーや恋人とのすれ違い、認知症の父親との関係に悩むようになる。さらに住んでいたマンションを追い出され、旅行中の女性ウォン・ティンロ(ジョイス・チャン)の部屋に彼女の留守中住むことになったクリスティは、自分と同じ生年月日の彼女の日記を読み、ささやかな日常が幸せそうに思えて……。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(14件)

切ない14.3%楽しい11.9%泣ける9.5%かわいい9.5%コミカル9.5%

  • はる

    5.0

    ノスタルジー。。

    2005年が実際の舞台でヒロインたちは1975年生まれなので、回想に、よりノスタルジー感があってたまりませんでした。。 レスリー・チャンにレオン・ライ、華様年花・・ 返還前後香港が大好きでよく行っていたし香港映画や曲にはまっていたのでドンピシャでした。 29歳の葛藤ではなく、香港を好きで好きでたまらなかったエネルギー溢れてた頃の自分が懐かしくその頃の自分を取り戻したいと思う、、 そんな見方ではありますが、わたしには久しぶりにものすごくささった映画でした。。

  • Micchy

    4.0

    予想を裏切る良作!

    来月香港に行くので、予習にと思ってレンタルしました。 中盤までは、なんとなくシリアスなストーリー展開。 主人公が年齢の壁にぶち当たって葛藤する様がリアルに描かれてます。 仮住まいの部屋で、自分とは対称的な女性との思いもよらない出会いがあり、そこから主人公の人生が少しずつ動き出す。 劇的な変化はないけれど、人の人生ってこうやって一段一段、階段を登るようにゆっくり変化していくものだよなぁ・・・と。 作品中に出てきたエッグタルトがとってもおいしそう! 熱い香港の街で繰り広げられる、静かで素敵な映画でした。

  • cil********

    2.0

    構成が意味不明

    始まって40分も経過してから唐突に新たな主人公が出てくるなんて映画的生理に反する 意味不明 ついていけない

  • 重村牧男

    4.0

    歳を重ねるほど、人生を見失う

    こちらは舞台版を作った女性が監督なので、盗作騒ぎなど起こらないはず(笑) 年代的にいうと、私に近い世代の話。 ジミー・リン、レオン・ライ(歌手時代)…懐かしい明星達も台詞に出てくるし。 と言うことは、主人公達も今ならいい歳になっているはずだ。 私は相方に死ぬと決まったら何でもしたい事させてあげると言われたものの、 好き勝手に生きてきたため、したい事が思い浮かばない。 お金もあるだけ使っているし、貯蓄もない。 30歳はまだまだ方向転換もできるし、結婚、育児まだ大丈夫。 きっと切実なのは60歳前の方だろうな。 不惑の40どころの騒ぎでない。 ヒロイン達、どちらの生き方もし間違いではない。いや、間違いなんてない。 ただ大事な人だけは見失ってはいけない事をつくづく感じた。 (脚本賞、新人賞候補)

  • hiy********

    5.0

    懐かしさでいっぱい!

    私自身は29歳からずいぶんたってしまったオバサンですが、あの頃を思うと本当に懐かしいです。結婚がこの年だったもので!それに、大好きな香港映画関連ネタがちりばめられ、細かい描写で楽しめたことが嬉しかったです。レスリー・チャンの歌にはちょっとほろりときたなあ。 実際には会ったことのない29歳の女子二人が、まるで同じ場所で息をしているよな演出が面白い。少々混乱もしましたが、どちらも前向きになれる展開に、自分も元気をもらった気分です。 近所の劇場での公開に、万歳!\(^o^)/

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


クリッシー・チャウクリスティ=ラム・ヨックワン
ジョイス・チェンウォン・ティンロ
ベイビージョン・チョイチョン・ホンミン
ベン・ヤンヨン・チーホウ
エリック・コットタクシー運転手

基本情報


タイトル
29歳問題

原題
29+1

上映時間

製作国
香港

製作年度

公開日

ジャンル