2018年2月6日公開

アニマルズ 愛のケダモノ

HOUNDS OF LOVE

1082018年2月6日公開
アニマルズ 愛のケダモノ
3.1

/ 51

10%
29%
29%
22%
10%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

1987年、17歳の少女ヴィッキーは、オーストラリア郊外の町で、女子高校生をさらって監禁しては命を奪うジョンと、彼を愛するエヴリンに誘拐されてしまう。やがて、ジョンのヴィッキーに対する独占欲を感じ取ったエヴリンの嫉妬心に火が付いたことで、二人の関係に亀裂ができ……。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

作品レビュー(13件)

不気味23.8%恐怖23.8%絶望的19.0%勇敢9.5%悲しい4.8%

  • abu********

    3.0

    ネタバレリアリティはあるものの、、

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • b_o********

    2.0

    つまらん

    あんまり面白くなかった。まあ実話を元にしてるみたいだからしゃーないのかもしれんけど。パッケージはなんかおもしろそうだったんだけどな。

  • moca

    3.0

    オーストラリアの監禁映画は結構怖い。

    以前オーストラリアでバックパッカーが監禁され拷問される。という映画、 「ウルフクリーク」を見てトラウマになった。こちらも実話が元。 「オーストラリアでは、年間3万人が行方不明になり、その90%は1ヶ月以内に見つかるが、残り10%は未だ行方が分からない」というテロップが恐怖。 アカデミー主演女優賞を受賞した「ルーム」もオーストラリアの父親が実の娘 を20年以上監禁して妊娠させた事件を元にしたらしい。 豚小屋に監禁される「モーガンブラザーズ」はホラー・コメディ。 こちらの映画母性愛を基調にしていて残酷なシーンがなかったのでトラウマレベルではなかった。

  • yam********

    3.0

    ネタバレ内容良し。邦題が糞。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • あき

    4.0

    実録犯罪モノ

    オーストラリアの実在殺人鬼カップル、バーニー夫妻を元にそれなりに脚色していますね。でも淡々と過ぎて行く殺人鬼の日常、抑えた音楽、ラストの開放感はすっきりします。ゴア描写も抑え目にして見る人の想像にまかせ、それがいっそう不安と恐怖を呼び起こします。夫妻の関係は夫の支配と妻のすがりつく愛情によって成り立っており、これはわかりやすい騙す男と騙される女の構図ですね。役者は実在のバーニー夫妻によく似ており感心しました。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
アニマルズ 愛のケダモノ

原題
HOUNDS OF LOVE

上映時間

製作国
オーストラリア

製作年度

公開日