ここから本文です

アリータ:バトル・エンジェル (2019)

ALITA: BATTLE ANGEL

監督
ロバート・ロドリゲス
  • みたいムービー 886
  • みたログ 3,666

4.09 / 評価:3,110件

解説

木城ゆきとのコミック「銃夢」を、ジェームズ・キャメロンが脚本と製作を手掛けて実写化したSFアクション。未来を舞台に、圧倒的な戦闘能力を持つサイボーグ少女が失われた記憶を探る姿を活写する。メガホンを取るのは『シン・シティ』シリーズなどのロバート・ロドリゲス。『メイズ・ランナー』シリーズなどのローサ・サラザール、『ジャンゴ 繋がれざる者』などのクリストフ・ヴァルツらが出演する。ローサがモーションキャプチャーでサイボーグ役に挑む。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

数百年後の未来。サイバー・ドクターのイド(クリストフ・ヴァルツ)は、アイアン・シティのスクラップ置き場でアリータ(ローサ・サラザール)という意識不明のサイボーグを見つける。目を覚ましたアリータは、一切の記憶をなくしていた。だが、ふとしたことから並外れた戦闘能力を秘めていることを知り、なぜ自分が生み出されたのかを探ろうと決意する。やがて、世界を腐敗させている悪しき存在に気付いた彼女は、立ち向かおうとするが......。

シネマトゥデイ (外部リンク)

映画レポート

(C)2018 Twentieth Century Fox Film Corporation
(C)2018 Twentieth Century Fox Film Corporation

「アリータ バトル・エンジェル」日本漫画のハリウッド実写化として画期作。CG描画の大きな瞳が評価の分かれ目か

 遂に、である。日本の漫画の世界観と精神性に対する真っ当なリスペクトを感じさせ、ハリウッドの大規模予算ならではの圧倒的なビジュアルとダイナミックなアクション描写を堪能できる作品がとうとう完成したのだ。

 原作は、木城ゆきとが90年代に発表したSF漫画「銃夢(ガンム)」。日本オタクとしても知られるギレルモ・デル・トロから紹介され惚れ込んだジェームズ・キャメロンが、20世紀フォックスと共に映画化権を獲得。当初は自らメガホンをとることを望んだキャメロンだったが、「アバター」続編の製作と重なったため、「スパイキッズ」シリーズや「シン・シティ」2作など視覚効果を駆使したアクション映画で実績のあるロバート・ロドリゲスに監督を託したという経緯がある。

 主人公のアリータは、脳を除く全身が機械のサイボーグ少女。人間とサイボーグが共生するクズ鉄町で発見されたとき、記憶を失っているが、実は300年前の格闘術を体得した最強兵器だった。町を支配する勢力から狙われたアリータは、大切な仲間を守るため、次々に放たれる強敵との戦いに臨む。

 アリータをはじめとするサイボーグ戦士たちのボディのリアルな質感と、映像の緩急を巧みに操るアクション演出は、まさに極上の味わい。昨今のアメコミヒーロー映画が陥りがちな、ありえない身体スピードと破壊力をだらだら見せるシークエンスとは対照的に、動作の中のかっこいいポーズと構図をスローモーションで印象的に表現し、漫画の“決めゴマ”に相当するインパクトをもたらしてくれるのだ。

 アリータ役はローサ・サラザールがパフォーマンスキャプチャーを使って演じているが、その目は「原作へのリスペクト」として、ポスプロのCGで実際より大きく描画されている。この大きな目に馴染めるかどうか、さらに言うなら“萌え”を感じられるかどうかが、主人公への感情移入と作品に対する評価にも影響しそうだ。漫画なら大きく誇張された瞳の登場人物を自然に受け入れられるが、実写でも違和感なく親しめるかどうか。反応はどうあれ、実写にCGを加えたキャラクター造形の点でも本作が画期的であることは間違いない。

 ストーリーとしては、概ね原作漫画の前半の要素を再構成した作りで、クリストフ・ワルツ、ジェニファー・コネリー、マハーシャラ・アリという3人のアカデミー賞受賞俳優がドラマパートに深みを与えている。さらにもう1人、複数回オスカー候補になっている名優が重要な役でカメオ出演している点からも、製作陣が続編を視野に入れていることは明白。本作の興行面での成功が条件になるだろうが、晴れてシリーズ化され「漫画+ハリウッド」の新時代を切り開いてくれることを大いに期待したい。(高森郁哉)

映画.com(外部リンク)

2019年2月21日 更新

本文はここま>
でです このページの先頭へ