ここから本文です

インクレディブル・ファミリー (2018)

INCREDIBLES 2

監督
ブラッド・バード
  • みたいムービー 965
  • みたログ 3,944

4.22 / 評価:3093件

親になり改めて観るインクレディブル

  • hdt***** さん
  • 2020年4月26日 23時51分
  • 閲覧数 721
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

確か10年ほど前、まだ独身の際にMr.インクレディブルを観ました。ヒーローものは苦手でしたがどハマりして何度も鑑賞しました。それから月日は流れ、2人の子を持つ母となり、この度インクレディブルファミリーを観ました。

親となってしまった今、この作品を客観的に評価はできません。もうファミリー映画として完璧です。主観で星5つです。

ボブは初めての育児にノイローゼになりますが、決して逃げず家族のために奮闘します。その姿は滑稽で笑えます。
反面、ビジュアル的には母が大活躍します。アクションシーンや事件解決の主役は母親メインに描かれます。

でも、実は本当のヒーローが父(ボブ)である事に観客は気付かされます。
ある人物のセリフ「育児は完璧にこなせばヒーロー並みの偉業よ。完璧にこなせばね。」
まさにその通り、見た目は地味だけど、育児はどれほど大変かつ偉大なことか。
ボブは完璧ではありませんが、皆そうです。母親だってそうなんです。胸に沁みるセリフです。
最近のディズニー映画はやたら女性を活躍させるのが鼻に付いていましたが、これは久々に男性が主役です。ボブは第1作よりさらに人として親として成長し、本物のヒーローになりました。

ただ、客観的な視点に立つと不満点もあります。ストーリーの流れがあまりに第1作と同じで意外性がない。真犯人の動機が共感できない(真犯人に魅力がない)
など。ただテーマの本質があまりに素晴らしいのでヒーロー映画の要素は評価に含みません。

家族という普遍的テーマを描き、鑑賞する年齢によって共感できるキャラクターが変わっていくでしょう。自宅に置いて定期的に家族で観たい作品です。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 笑える
  • 楽しい
  • ファンタジー
  • スペクタクル
  • パニック
  • かわいい
  • かっこいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ