アウトランド

OUTLAND

109
アウトランド
3.2

/ 57

5%
28%
53%
12%
2%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(16件)


  • sss

    2.0

    面白くない

    確かに宇宙の西部劇っぽい。 安直。 /3.5(202110)

  • npp********

    3.0

    宇宙の保安官

    宇宙基地の警備に就くことになった主人公。 ある日、作業員が次々と異常な行動を起こす。 気になった主人公が調査していると、驚きの事実が・・・ ショーン・コネリー主演のSF映画です。 初代ジェームズ・ボンドで知られるコネリーのSFは珍しいように思います。 お偉いさんから「見て見ぬ振りをしろ」と言われても動じることなく“正義”を貫きます。 ショーン・コネリーが渋くていいですねぇ~。 口封じのために派遣されてきた殺し屋と戦うことになります。 その数たったの2名・・・すくなっ! 緊迫感がないし、テンポも悪いし、それほど印象に残る作品ではなかったな。 そもそも宇宙でやる意味があまりない(笑)

  • nih********

    4.0

    ネタバレ静かさがリアル感

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • kak********

    3.0

    木星の衛星”イオ”が舞台のSFアクション

    007のボンド役で有名なショーン・コネリー主演のSF作品。 他にも「未来惑星ザルトス」や「メテオ」などのSF作品にも出演している。 舞台は木星の第3惑星イオなのだが、そこに着任した連邦保安官役なので、SFというよりは刑事ドラマに近い内容になっている。 淡々と進行する物語の核は”正義感”であり、ショーン・コネリーにはぴったりの役柄なのだが、宇宙が舞台にしては地味すぎて小粒な出来になってしまった。 近未来であろうと、現代であろうと、正義を貫く勇気は並大抵でないと分からされる映画である。 結局、舞台がどこであれ、大切なのは家族愛や友情になってしまうのが、人間なのかもしれない。

  • oce********

    3.0

    ヴィジュアルは素晴らしいけど

    ショーン・コネリーがSFとは珍しいと思ったけど、基本は衛星基地の中で展開されるのでさほど気にはならない。 むしろ気になるのは美術や造形などのビジュアル面だ。 保安官のウィリアムが突き止めた会社の麻薬の横行。 これによって孤独な立場に追いやられたため、監視が主な仕事に。 そこで会社から殺し屋の手が向けられ、同僚からの助けもないままウィリアムは一人立ち向かう。 SF版の「真昼の決闘」という括りになっている。 その宇宙で展開されるというリアリティは基地内の精巧なビジュアルに他ならない。 明らかに金が掛かっていそうだが、そうは思わせない作りは見所。 ただし前年に製作された「エイリアン」の画との既視感は如何ともし難い。 これがなければもっと知られてもいい隠れた秀作になったかも。

  • カーティス

    4.0

    セットが醸し出すリアリティ

    辺境(outland)の宇宙基地を舞台に、謎の怪死事件の裏に隠された陰謀に孤立無援で立ち向かう保安官の姿を描くSFスリラー。SFといっても宇宙人やロボットは登場せず、あくまで宇宙を舞台にした普通のスリラー。宇宙という逃げ場のない空間を生かした緊張感のある作品に仕上がっています。 当時としてはかなり金をかけた大作だったんじゃないでしょうか、宇宙基地のセットや小道具、特撮の作りこみが半端じゃないです。デザインも良いですし、暗めの照明や適度な汚しのおかげで、実際に人が使っている生々しい生活感がよく出ていると感じました。もちろん古い映画なので古臭い部分はありますが、「実際に宇宙基地があったらこんな感じだろうな…」と思わせるだけのリアリティがあると思います。おかげで作品の世界にすんなり入りこめました。SF好きなら一見の価値はありです。 役者良し、音楽良し、雰囲気良しでなかなか楽しめた作品でした。欲を言えばもう少し派手でも良かったかも。

  • non********

    3.0

    名作SF「エイリアン」を観た後だと。。。

    細かなSF設定や美術がこの映画の前の「エイリアン」にソックリで面白みに欠ける。 ショーン・コネリーが主役の数少ないSF映画らしいが、やはりプレデターなりエイリアンなりロボットなりが出てこないと画面に魅力がないのが残念。 ただ、雰囲気だけはSFとしては良かった方だとと思う。

  • 一人旅

    3.0

    宇宙版『真昼の決闘』

    ピーター・ハイアムズ監督作。 木星の衛星イオのチタン鉱山を舞台に、鉱員の間で蔓延る麻薬撲滅のため戦いを挑む連邦保安官の姿を描いたSF。 『真昼の決闘』の宇宙版とのことだが、薄暗く迷路の様に入り組んだ基地内部が舞台なので一層の閉塞感を感じさせる。 『真昼~』の妻グレース・ケリーは汽車で町を離れようとしたが、本作の妻はシャトルで地球へ帰還しようとする。ショーン・コネリー扮する連邦保安官の孤立化も『真昼~』同様で、権力者による報復を恐れ大半の人間が保安官を見捨ててしまうのだ。 アクションは宇宙という舞台設定を活かしたものになっていて、ゼロ気圧や基地のギミックを駆使した独特の戦い方を見せている。

  • ali********

    4.0

    ボイジャー探査機にもとづく?社会派SF

    木星の衛星イオで、疲れた鉱山労働者に麻薬を持ち込んで儲ける暴力組織があるが、会社は採掘の成果にしか関心がない。遠く離れた「アウトランド」には地球政府の権威は及ばず、偶然派遣された保安官だけが、麻薬犯罪と戦うことになる。気の毒なことに、妻子は耐えられずに地球に帰ってしまう。 もちろん、保安官の戦いの作戦と、それを助ける誰か、というあたりが見所だ。 「真昼の決闘」(★レビューしています)は、照り付ける乾いた太陽が残酷だったが、こちらは、太陽の光も弱い宇宙で、暗黒の地下に鉱山のライトが光るという設定で、まことに暗い。 しかも、運悪く(?)、ちょうどアメリカの無人宇宙船ボイジャー【注】が木星を探査した頃だった。当時ボイジャーが撮影した写真は新聞にも載ったが、地球から見るよりもっとまがまがしい木星の大赤斑や渦と、赤茶けた衛星イオには目を奪われた。私も、「宇宙というのは実際に行ってみると、厳しそうだなあ」と驚いたものだ。「アウトランド」は、この探査をもとに、災いを予言するような巨大な木星とイオの映像を作って、舞台にしている。 (ちなみに、「2001年宇宙の旅」★の木星は、ボイジャー以前なので美しい。) 厳しい環境で、やりたくない仕事を遂行する保安官とその協力者をテーマにした映画だ。ここまで暗い映画は、監督にとっても楽しくなかったのではないか。それでも、「社会派リアリズム」も好きな私としては、法秩序の及ばない社会での犯罪を描く異色SFという点と、木星やイオを映像化した功績とを加えて、4点の評価にしたい。 【注】のちに、映画『スタートレック』(6作シリーズの第1作)で、自己意識を成長させて人類とエンタープライズ号を襲うという興味深い話にされている。

  • nya********

    3.0

    SF西部劇なんだそうな

    たぶんピーター・ハイアムズの作品で残るのは、最終的には名作「カプリコン・1」だけになるのだろうけど この監督の映画が好きだと公言して憚らない人にとっては、「アウトランド」はけっこう味わいのある佳作だと思う。 だいたい「エイリアン」のテイストで「真昼の決闘」をリメイク、なんてアイデアの脚本をちゃんと仕上げてしまえるのは、ハリウッド広しといえどもピーター・ハイアムズぐらいで さすがは誰もが後込みしたであろう「2010年」を、脚本まで請け負っただけのことはある。 無能の烙印を押されて辺境の地に左遷された孤独な警官役のショーン・コネリーと、唯一彼に味方する女医役のフランシス・スタンハーゲンが、なかなかの好印象。 スマートな007の面影など微塵もない野暮ったさで、愚直に正義を貫くコネリーには思わず声援を送りたくなるし、愚痴をこぼしつつも助け船を出すスタンハーゲンのドライな姿勢にも好感がもてる。 要の特殊効果にしても、古いとはいえ、ある程度は技術が成熟した時代に作られた作品だから、陳腐な印象はない。 懐かしのSFが見たいと思ったら、手にとってもいい一本だと思う。

  • yrs********

    4.0

    未来宇宙の労働環境

     簡単に言うと「未来の西部劇」という感じで、「真昼の決闘」の舞台を宇宙に置き換えてリメイクした映画と言っていいです。    光線銃もモンスターも出てきませんが、環境設定がかなり凝っています。未来の宇宙の生活空間や労働環境はどんな感じなのかをリアルに描き出しています。太陽系最大の惑星である木星。その衛星イオで鉱物資源を採掘する企業が舞台です。  藤子F不二雄の漫画「21エモン」の「木星は地獄だ」という話しに状況設定がよく似ています。無銭旅行から星クズに成り下がり自ら志願して強制収容所に送り込まれた主人公は木星で、パワード・スーツみたいな宇宙服を身に付け暴力管理の元で金属水素の採掘に従事させられます。その不当な労働環境を調査に連邦監察官が登場するというところも似ています。  物語中盤でショーン・コネリー扮する保安官(!)が悪者を追いかけるシーンがあるんですが、この追跡劇がすごいです。よくぞここまで作ったなという感じの狭っ苦しく続く鉱夫の住居スペース内を走る、逃げる、追うのチェイスシーンをたっぷりと見せてくれます。最後は調理場になだれ込んでの肉弾戦、危うくフライドポテトにされそうになりますが…。  悪役を務めるのは、「タクシー・ドライバー」でウィザード(魔女)の愛称で呼ばれる先輩ドライバーを演じたピーター・ボイル。監督はあの「カプリコン・1」のピーター・ハイアムスです。監督はこの映画を「困難と闘う人間たちの物語なのだ」と表現しています。

  • gre********

    3.0

    ネタバレアウトランド

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • tan********

    5.0

    感動しました

    ピーター・ハイアムズが「2010年」を作るに当たっての下準備的な存在?の映画かな。セットの作りが凄まじくスゴイんだいけど内容はいたってシンプル、映像とストーリーの差が大きすぎです。ショーン・コネリーの渋さが全然出てないし舞台が宇宙なので派手なシーンも特になく印象に残るようなシーンも特になく淡々と進むストーリーにはちょっと残念な感じ。セリフが少ないところがいかに もハイアムズ映画らしかったです。

  • ros********

    3.0

    ネタバレ宇宙保安官の死闘

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • syu********

    3.0

    「宇宙版真昼の決闘」

    SFにしてはかなり地味な作品ですが、ショーン・コネリーが唯一出演したSF映画. 着想バツグンの傑作「カプリコン・1」のハイアムズ監督が、「真昼の決闘」などの名作西部劇の要素を取り入れた近未来SFサスペンス。惑星の連邦保安官が、宇宙の平和と正義のために活躍する。大スター、コネリーのヒーロー像が力強く頼もしい。  21世紀、木星の第3衛星イオは鉱石採掘区になっていた。新任の連邦保安官オニール(コネリー)の着任早々、鉱夫たちの不可解な死亡事故が続発する。男まさりの女医(スターンハーゲン)の協力で、能率重視の支配人シェパード(ボイル)が神経に異常を来たすことを知りつつ、鉱夫たちに興奮剤を常用させていたことが分かる。やがてシェパードが地球から呼んだ殺し屋の魔の手がオニールに迫る。 西部劇『真昼の決闘(1952)』を木星の衛星イオに舞台を置き換えたの映画デザインは『エイリアン(1979)』に影響を受けた二番煎じですが、今観ても旧くなく鑑賞に堪えます。ただし、登場するパソコン入力がコマンド入力によるDOS環境.「真昼の決闘」へのオマージュからか、未来の話なのにショットガン使ったり、アナログな雰囲気もあって面白い。 劇中、宇宙の真空空間に宇宙服を着用せずに放り出された人間は体が破裂し悲惨な死を遂げているが、この当時は急激な気圧低下=血液の沸騰によって身体が破裂するというのが科学的な見解であった。今日では血液が沸騰する際の気化熱でむしろ身体が急激に凍り付くというのが定説となっており、『3001年終局への旅』や『ミッション・トゥ・マーズ』に反映された。

  • mim********

    4.0

    ネタバレ男の悲哀…

    このレビューにはネタバレが含まれています。
1 ページ/1 ページ中