レビュー一覧に戻る
アウトランド

アウトランド

OUTLAND

109

一人旅

3.0

宇宙版『真昼の決闘』

ピーター・ハイアムズ監督作。 木星の衛星イオのチタン鉱山を舞台に、鉱員の間で蔓延る麻薬撲滅のため戦いを挑む連邦保安官の姿を描いたSF。 『真昼の決闘』の宇宙版とのことだが、薄暗く迷路の様に入り組んだ基地内部が舞台なので一層の閉塞感を感じさせる。 『真昼~』の妻グレース・ケリーは汽車で町を離れようとしたが、本作の妻はシャトルで地球へ帰還しようとする。ショーン・コネリー扮する連邦保安官の孤立化も『真昼~』同様で、権力者による報復を恐れ大半の人間が保安官を見捨ててしまうのだ。 アクションは宇宙という舞台設定を活かしたものになっていて、ゼロ気圧や基地のギミックを駆使した独特の戦い方を見せている。

閲覧数689