ここから本文です

ラブライブ!サンシャイン!! The School Idol Movie Over the Rainbow (2019)

監督
酒井和男
  • みたいムービー 107
  • みたログ 785

3.29 / 評価:686件

ラブライブ!シリーズの本質

  • syo***** さん
  • 2019年1月13日 15時11分
  • 閲覧数 965
  • 役立ち度 6
    • 総合評価
    • ★★★★★

魅せたい瞬間の為に舞台が動き、キャラクター達はその時の感情をぶつけていく。

例えば大雪で大会の会場に辿り着けないかもしれない、そんな時。
今まで穂乃果を信じてついてきた海未とことりの2人はラブライブ、ひいてはスクールアイドルへの自分の想いを初めて口にします。
その瞬間吹雪が止み、道が拓ける。
海未とことりの想いを伝える為に舞台が作られ、そして動いたのです。

そうやってラブライブ!の物語は展開されていきます。
それはラブライブ!サンシャイン!!でも同じ。
監督の手法の違いはありますが本質は繋がっています。

今回の劇場版も作り手の「魅せたい瞬間が沢山あるんだ!」という想いがひしひしと伝わってきました。
一見バラバラに見えてしまって整合性云々を突っ込んでしまう気持ちは分かるのですが、劇中でキャラクター達が感じた想いというのは全て繋がっているのです。
ラストシーンに至るまで想いはブレていない、そんな作品だと思います。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 笑える
  • 楽しい
  • 切ない
  • かわいい
  • かっこいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ