ここから本文です

響-HIBIKI- (2018)

監督
月川翔
  • みたいムービー 922
  • みたログ 3,617

4.00 / 評価:3,196件

内容が微妙+北川景子だけが下手だった。

  • archevecircque さん
  • 2019年5月4日 23時40分
  • 閲覧数 1065
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

まず最初に感じたのは配役で、
主役の平手さんは正直ソニーの坂道売り出しの為にねじ込んだんだろうと思ってただけにそれなりに良かった。
一番気になったのは北川景子。超薄味コミカル演技が下手でこういう役が多分向いてないし、終始滑ってる感半端なかった。もちろん脚本が滑ってたのもあるけど。
次に内容に関してですが、
あれだけ『天才』だっていうアピールがあって、編集者も最初の原稿用紙数枚見て引き込まれて評論家も大絶賛、とりあえず見た全員が大絶賛する小説が軸の話なら、最初の一文でもいいから出すべき。
原作にないなら、考えて作ればいい。
その文章がない為、結局映画側の『自称天才』を視聴者にアピールしてる感があり、なんか地元にいた『俺昔は神童って呼ばれてたんだ』感しか湧かない。
そもそもこの物語を映画にするなら、
一番何より重要なのは、

【誰もが天才と認める、引き込まれる表現力、文章、世界観】

を作るなり出すなりしないと成立しないし、天才の響の言動に
説得力を感じない。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 知的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ