ここから本文です

響-HIBIKI- (2018)

監督
月川翔
  • みたいムービー 922
  • みたログ 3,363

4.00 / 評価:2,968件

頑張って原作に寄り添ってると思う

  • kyo***** さん
  • 2019年6月1日 3時45分
  • 閲覧数 526
  • 役立ち度 4
    • 総合評価
    • ★★★★★

ストーリーは原作とところどころ違えども、全体的にはまあまあ満足です。ありがとうございます。
でも、まず、かよちゃんおらんやんけ!って突っ込みが思わず出ました。あとは涼太郎の気持ち悪さもなく、映画にされるために削られてしまったり時間枠をずらされてしまったりしたエピソードを思うと少しだけ悲しくなったり。
個人的には、新人賞受賞の前の待合室での田中と響のやり取りに関して、鬼島が響の性質を理解しているような発言をして、「鬼島やるやんけ...」となる何気に鬼島のかっこいいシーンが無くなっていたのが残念...。
それから、『お伽の庭』のような作品を15歳という若さの少女が書いたことに対する、他の著名な作家さんたちの反応が薄かったなぁと少し違和感を覚えました。原作では、「本当に15歳なのね...」と圧倒的な才能とそれを持つ者の年齢に驚かされ、先生方が響に対して敬意や恐怖、感動など言葉にならないような想いを持って接していたような気がします。しかし、映画では皆、「新入りを歓迎するぜ!」くらいの対応に見えたので、圧倒的天才である響の印象が原作より薄まってしまったようにも感じました。
山本もとい小栗旬の演技は良かったです。でも山本今回の話でそんなに必要かな...?
リカちゃんも往復ビンタとか身体張っててすごいなあと思いました。あとかわいい。
アイドル主役の映画には正直期待していなかったけど、観て良かったと思います。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ