ここから本文です

さよなら、僕のマンハッタン (2017)

THE ONLY LIVING BOY IN NEW YORK

監督
マーク・ウェブ
  • みたいムービー 155
  • みたログ 484

3.48 / 評価:334件

解説

『(500)日のサマー』などのマーク・ウェブ監督が、サイモン&ガーファンクルの名曲「The Only Living Boy In New York」に乗せてつづるラブストーリー。ニューヨークを舞台に、親元を離れた青年が隣人との交流や恋愛、父親の不倫を経て成長していく姿を描く。『クィーン アンド カントリー』などのカラム・ターナーが主人公を演じ、『アンダーワールド』シリーズなどのケイト・ベッキンセイル、『007』シリーズなどのピアース・ブロスナン、オスカー俳優ジェフ・ブリッジスらが脇を固める。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

ニューヨークで生まれ育ち大学卒業と同時に親元を離れたトーマス(カラム・ターナー)は、アパートの隣人でジェラルドと名乗る中年男性(ジェフ・ブリッジス)と知り合い、さまざまなアドバイスを受けるようになる。ある日、女友達とナイトクラブに出掛けたトーマスは、父イーサン(ピアース・ブロスナン)と見知らぬ女性(ケイト・ベッキンセイル)のデート現場に出くわし……。

シネマトゥデイ (外部リンク)

映画レポート

(C)2017 AMAZON CONTENT SERVICES LLC
(C)2017 AMAZON CONTENT SERVICES LLC

「さよなら、僕のマンハッタン」久々に踏みしめた大都会の片隅で、名匠ウェブが吐露する純粋な想い

 この映画はシンプルではあるものの、クライマックスのある一点において、ああそういうことだったのか、と唸らせられる何かがある。そこを抜けると冒頭のシーン、それこそジェフ・ブリッジスがいぶし銀の声で語りかけるナレーションさえもが、全く違うトーンになって照り返してくるかのよう。鑑賞するごとに異なった味わいが楽しめる作りの妙。さすが “ブラックリスト(映画化が実現していない優秀脚本リスト)”に選ばれただけのことはある。

 マーク・ウェブ監督がこの脚本と初めて出会ったのは「(500)日のサマー」の前だというから、ざっと10年以上は寝かせた計算となる。サイモン&ガーファンクルの名曲タイトル”The Only Living Boy in New York”を原題に据えた本作は、そのBoyともいうべきひとりの青年が主人公だ。

 彼は過去のウェブ作品の主人公たちと同様、人生の岐路に立ち、どうやって未来を切り開くべきなのか迷っている。心を寄せる女性との関係で気を揉み、そして父親の不倫疑惑で家庭もギクシャク。そこに、隣に越してきた初老の男性が加わって、事態は一人一人のキャラクターが織り成す数式のように込み入っていくのだが……。

 初監督作「(500)日のサマー」でブレイクし、「アメイジング・スパイダーマン」シリーズで失意を経験し、「gifted ギフテッド」で深呼吸して、続く本作で再びスパイダーマンの本拠地であるニューヨークへと舞い戻ったウェブ。痛みを乗り越えると人は大きくなると言うが、本作はまさにその好例だ。以前に比べて温もりや深みが増し、未来に怯える若者や過去に囚われた大人たちへの慈愛も際立った。彼は“語り部”として明らかな成長を遂げたように思える。

 そういえば、主人公の名はトーマス・ウェブという。かのサイモン&ガーファンクルの曲の歌詞も「トム」という人物へ向けた“語りかけ”の内容となっているが、その上、彼の名に監督名さえ重なっているのは、きっと偶然ではない。この場所で己をもう一度奮い立たせたいという、監督自身の祈るような想いの表れなのだろう。

 そのことへの気付きと、先述したクライマックスの余韻とが相まって、まるでウィスキーのグラスを飲み干したかのような芳醇な香りが胸一杯に広がった。吹けば飛ぶような小さな映画かもしれないが、それでも観る人によっては忘れがたい感動の火を心に灯してくれるはずである。(牛津厚信)

映画.com(外部リンク)

2018年4月5日 更新

本文はここま>
でです このページの先頭へ