2018年7月27日公開

ウインド・リバー

WIND RIVER

1072018年7月27日公開
ウインド・リバー
3.9

/ 2,179

25%
48%
21%
4%
2%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

アメリカ、ワイオミング州。先住民族が住む深い雪に囲まれたウインド・リバーで、地元のベテランハンターであるコリー・ランバート(ジェレミー・レナー)が女性の遺体を発見する。FBIの新人捜査官ジェーン・バナー(エリザベス・オルセン)が派遣され、1人で捜査を開始するが雪山の厳しい自然環境や不安定な気候で難航する。ジェーンは、ウインド・リバー一帯に詳しいランバートの手を借りて調べを進めていく。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(322件)

悲しい16.1%切ない15.4%絶望的12.2%勇敢11.6%恐怖10.9%

  • skm********

    1.0

    ネタバレダラダラしすぎ

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ranpos

    4.0

    ネタバレ主人公強い

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • say********

    5.0

    痛みから逃げるな

    この映画を作った人は、誠実で、真っ直ぐな人なんだろうなぁ…と、伝わってきた。良い映画。意外な掘り出し物と言ってもいいくらい。 どいつもこいつも銃で武装している、厄介な社会。安心して眠ることさえできない。常に、野性動物のように神経を研ぎ澄ましていないと、いつ誰に殺されるかわからない社会。 こんな国民性の国が、世界のリーダーとして国連を牛耳っているんだから、世の中から戦争なくならないワケだよな~と、強く感じました。 良いニュースは、いつでも心の中で、娘に会えるってこと。痛みから逃げちゃダメなんだ。 ここに運なんて無い。生き残ったのは、戦ったからだ。 その他にも、いろいろ沁みる教訓が含まれていました。

  • mon********

    3.0

    淡々と進む

    一回目は淡々としすぎて開始15分でギブアップ。2回目は30分我慢したら面白くなってきました。 淡々と抑揚なく進むから、ハラハラする事のないサスペンス映画だけど、BGMと銀世界の映像で途中ダレる事なく見れました。 娯楽のないただ寒さに耐えるだけの地域。世間との差別。犯罪しちゃうよね。ダメだけど。 もっと先住民の差別に対しての怒りとか描いてくれたら良かったかな。 主役の俳優さん、ジェフリーバトラーとゼレンスキー大統領と系統同じですね。

  • tat********

    4.0

    人種・自然を描き込んだ奥深いストーリー

    ウインドリバー・ネイティブアメリカン居住区で起こった殺人事件の真相を追う。 少女の死を調査するためFBIが派遣される。都市部から派遣されたFBI捜査官は、都市とは何もかも異なる、辺境の地・大自然とのギャップにさらされる。 白人WASPとネイティブアメリカンの差別が本作の根本。さらに、ネイティブアメリカンの文化、大自然を描く奥深い内容となっている。 ーー 2022/03/21 8

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
ウインド・リバー

原題
WIND RIVER

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日