ここから本文です

バケツと僕! (2017)

監督
石田和彦
  • みたいムービー 20
  • みたログ 42

3.44 / 評価:36件

解説

「無敵のハンディキャップ 障害者が『プロレスラー』になった日」の作者、北島行徳の小説「バケツ」を映画化したヒューマンドラマ。養護施設に就職した主人公と、軽度の知的障害を抱えた少年の友情を映し出す。主人公を歌手・前川清の息子でシンガー・ソングライターの紘毅が演じ、主題歌も担当している。共演は、徳永ゆうき、岡本玲、竹島由夏、杉田かおるら。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

神島(紘毅)は養護施設で働き始め、バケツというニックネームを持つ15歳の少年(徳永ゆうき)と知り合う。軽い知的障害と盗み癖のあるバケツは、母親から虐待を受けた末に捨てられ、兄弟にも突き放された揚げ句、施設を追われる。神島は先輩の黒田(岡本玲)の助けを借りて、バケツを引き取ろうとするが……。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ