ここから本文です

女々演 (2017)

監督
高野舞
  • みたいムービー 11
  • みたログ 22

3.90 / 評価:20件

結末爽快。「やられたっ!」て気分♪

  • 映画のこづち さん
  • 2018年3月3日 11時05分
  • 閲覧数 1730
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

仲良しゴッコ崩壊でドロドロ→笑顔で仲直り~なんて生ぬるい話じゃないのだ。

現実でもよくある〈誤送信〉で本音バレバレ、どうしようもない憎み合いに発展する演劇部の女子たち。
「あ~あ~、醜い。見なきゃよかった…」になりかねない泥仕合。
ところが。
修羅場になるも、ある〈爆弾〉投下でイッキに収束…矛先が全員、同じところへ。
「なるほどそうくるか~、やられたっ!」と膝を打ちたくなる運びが秀逸。
女性監督でおそらくオリジナル作品なのだろう。すばらしい。

演劇部の黒一点がオロオロしたり「女子、めんどくせぇ~」とボヤいたりするのも笑える。
そして、外見ヒエラルキーは上層かもしれない女子に対する「アンタなんて○○のくせに!!」と
いう下層女子の発言は、悲しく納得してしまう。わかる~。
そう、あることに関しては、アンタらより私が上だからね、という普段からの密かな優越感。
でもそれも実は…ものすごく皮肉な展開へ。

女性に、ぜひネタバレなしで見てほしい。男子にはわからんだろうなぁ~、この世界。
今のところ東京・大阪でしか上映されないようなのが残念。
下層女子役の、ふたりの名バイプレーヤーも見ごたえあり。
ロバート秋山は、笑わせようと頑張ってるが不要なキャラ。今回はあまり笑えない。


(2017 沖縄国際映画祭で鑑賞。)

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ