ここから本文です

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー (2018)

SOLO: A STAR WARS STORY

監督
ロン・ハワード
  • みたいムービー 909
  • みたログ 6,160

3.63 / 評価:4921件

フォースを侮ってはなりませんぞ。

  • tak さん
  • 2級
  • 2021年3月6日 8時55分
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

SWというシリーズへの愛ゆえに、厳しいことを言わせていただく。長文お許しを。アメリカでコケたと言う報道で不安もあったが、期待もあった。だって脚本にはEP4〜6に関わったローレンス・カスダンの名前が連なってるし、ジョージ・ルーカスの「アメリカン・グラフィティ」に出演したロン・ハワードが監督することなんて、縁以上のものだ。そう思って劇場へ足を運んだ。

でもね。残念ながら、なーんかワクワクしない。まず一つ、薄暗いアクション場面や逆光の室内撮影が気になった。そこで何が起こっているのか緊迫感は伝わっても、登場人物の表情が見えない。かつてのシリーズなら、ルークが銃座で撃墜に興奮したり、ソロが銃口を向けて不敵に笑ったりする姿があった。それは僕らも一緒に冒険しているような一体感。ロン・ハワード監督は見せ方が下手な人ではない。ヘルメットで顔が見えない「ラッシュ プライドと友情」や「アポロ13」でもその緊張感を見事に描けた人だ。それなのに。製作途中からの登板だけに本領発揮とはいかなかったように思える。チャラいランド・カルリシアンも、エミリア・クラークも、魅力的なドロイドも、登場人物は決して悪くないのに。

もう一つは、シリーズ本編とのつながりだ。同じスピンオフ作品である「ローグワン」が熱烈に受け入れられたのは、あのデススターの設計図をどうやって手に入れたのか、というEP4につながる"始まりの物語"があったからだ。往年のファンはそのルーツに触れる楽しみが、新たなファンもここから楽しめる、両方の満足を得られる作品だった。企画の段階でファンの心を掴めるものだったと思える。

往年のファンには、スカイウォーカーの血筋をめぐる物語こそがSWだと思う頑なな人もいる。それは狭義のSWストーリーであって、もう少し広げるならジェダイの"スピリット"が受け継がれていく物語がSWの世界観でもある。「ハン・ソロ」で感じる物足りなさ、SWじゃなくてもいいアクション映画、と感じてしまう気持ちはジェダイやシスが登場しないからだろう。「ローグワン」にもジェダイは登場しない。しかし、フォースの偉大さを伝えるチアルート・イムウェ(ドニー・イェン)の存在がそのスピリットを伝えてくれている。派手な銃撃戦が中心に思える「クローンウォーズ」でもアナキンとアソーカの師弟関係があったし、「反乱者たち」にもケイナンというジェダイが主人公を導いた。

「ハン・ソロ」のラストにホログラムで登場するダースモール。それはナンバリングされた本編とのつながりを感じさせる場面のひとつだ。しかし、EPでナンバリングされた本編しか観ていない観客は、EP1で死んだはず、と混乱してしまう。実はモールはオビワンによって胴体真っ二つにされた後復活を遂げる。そして惑星タトウィーンでオビワンと因縁の対決をするというサイドストーリーが存在する。それを前提とした場面なのだろう。しかしここでは、ライトセーバーを申し訳程度に見せるためだけにダースモールが出てきた印象すらある。それは一部の人に"「ハン・ソロ」はEP1につながる話"だというミスリードをさせはしないか。そこはシリーズ本編の脚本に関わってるローレンス・カスダンがいたはずなのに、どこか残念に思える。

EP4でダースベイダーは「フォースを侮っていはいけませんぞ」と言うが、「ハン・ソロ」は、ディズニーがフォースを侮った映画なのではないか。でもこの煮え切らない感想も、スターウォーズへの愛あればこそである。

I hate you.
I know.
のやりとりは嬉しかった。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ