ここから本文です

四月の永い夢 (2018)

監督
中川龍太郎
  • みたいムービー 78
  • みたログ 322

3.46 / 評価:252件

何も起こらないのに、不思議な感情を残す

  • par******** さん
  • 2020年6月28日 2時11分
  • 閲覧数 866
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

なるべく難しい言葉を避けて書かれた読みやすい文学作品のような、
それでいてとっても味わいのある作品でした。
結果みると正直退屈で、ほとんど何も起こってないのにね。
この退屈さが愛おしいような、
失恋した後みたいな、まるで誰かを失った喪失感で日常が別物になった時のような感覚。
それは悪いことばかりじゃなくて、毎日の小さな変化に気付けるとても繊細な時間でもある。
恥ずかしながら朝倉あきという女優を初めて知ったが、
本当にその何もない時間が似合う。
寝転んで漫画読んで、ラジオ聴いてる退屈な休日。
散歩してお茶飲んでばあちゃんのいる帽子屋で帽子買ってベンチに座って遊ぶ子供を見る。
現代的な人がやればサブカル女にもやばい女にも見られそうなのだが、
とても健康的でずっと見つめていたくなる。
モデルさんみたいな写真的な美しさじゃなく、懐かしいフィルムのような動的な美しさ。
どこか昭和の名画に出てくる女優さん的な色気があると思いません?小津映画にいてもおかしくない感じの。

思わず吹き出してしまったラストに、
何も起こらなかったし、何も変わらなかったけど、
0から0.1くらいに動いた彼女の明るい明日を感じさせる。
何も起こらないのに、なにやら言語化出来ない不思議な感情を残す。
ムチャクチャわし好きな系統の映画やないかい!!


あとさ、ちょっとしたとこだけど
染色工場見学して別れる時の
「初美さん良い顔してる。そう思ってます」
の後、驚いたように自分の顔を指さすシーンが超自然でキュート。
そんで

「志熊さんも不思議な人だ」

というシーンがムチャクチャ良いですね!!
彼女のクシャッとする笑顔に、恋しちゃうっつーの!!!
↑アマプラで観た人、そこだけでももう一回観て!!
ヤベーからぁぁぁるぁ!!!

その後のうなじも最高!
やっぱり主演の魅力をめちゃくちゃ引き出してるから
それだけでとても良い映画なんだと思う。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ