ここから本文です

四月の永い夢 (2018)

監督
中川龍太郎
  • みたいムービー 78
  • みたログ 323

3.46 / 評価:253件

“我々の物語”を彩る洗練された映像と演出

  • ジャニスカ さん
  • 2018年4月22日 21時37分
  • 閲覧数 1589
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

中川龍太郎監督『四月の永い夢』:普遍的で多くの人の共感を誘うような既知のテーマやありふれたシチュエーションをどれだけ洗練された表現で描けるかという挑戦だと感じた。研ぎ澄まされた映像と台詞が、決してドラマチックではない“我々の物語”に情緒と郷愁を与え、前向きで穏やかな感動を惹起する。

朝倉あきのピュアな芝居は見事としか言いようがない。キャリア10年超の女優がこれほどの無垢な佇まいを嫌味なく滲ませることに驚きを隠せない。藤太郎に顔が好きだと言われて、自分の顔を指さすときの初海の表情が、驚きと喜び、恥じらいといった複雑な感情を併せて湛えており、芝居とは思えなかった。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ