2018年6月2日公開

馬の骨

912018年6月2日公開
馬の骨
3.3

/ 28

25%
32%
18%
0%
25%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(5件)


  • さーたん

    4.0

    見てよかった!

    Amazonプライムで、見放題終了間際で見ました。 知ってる俳優さんは、ベンガルさんと黒田大輔さんくらいでしたが、とってもよい映画でした。 桐生コウジさんの製作、監督、主演。 イカ天出身の俳優さんで、自身をモデルにした渾身の力作。 どの俳優さんもプロの仕事をされています。大家さんのおばさんとか、未亡人となった元バンドメンバーの奥さんとか、わずかな出演時間の方も、味わい深かったです。 もちろん主演の桐生コウジさんもヒロインの小島藤子さんも。 夢に向かって、目標をもって生きることの喜びを面白おかしく描いた佳作、心ほっこり、希望がもてるいい作品でした。 エンディングの主題歌「やまない音」、とてもいい曲でした。バンド馬の骨の曲も、当時聴いてたこと、思い出しました。

  • kat********

    4.0

    じわじわきます。

    イカ天を観た世代ならバンドの楽しさや 流れる時間の中で自分自身が何者なのかもがく様に共感できる作品だと思います。 また、劇中で出てくるシェアハウスの雰囲気が とても暖かで(多分、しのへけい子さんの演技がそう思わせるのかも)、 歳をとったらこんな所に住んでみたいと思いました。 イメージワード、何か選択したかったのですが、 ぴったりくるのが無いです。 私は『あたたかい』を選択したいです。 上映館が少ないけど、近くで観るチャンスのある方、 オススメです。

  • 今村純子

    5.0

    一人一人の人生に寄り添いたくなる

    笑って泣けてほっこりする最高の映画でした!

  • how********

    1.0

    監督の自己満足

    監督の自己満足なのかな、アイドル好きな人には良い。

  • mai********

    4.0

    響き合う音

    夢に迷い、現実に躓き、現状にモヤモヤしてる主人公 どうしようもなく落ちぶれて、辿り着いた一軒家のシェアハウス。 裏山が崩れそうな不気味な音を立てて まるで自分の前途を暗示するかのような崖っぷちの場所。 シンガーソングライターを目指すために地下アイドル活動を頑張る女性と 出会い、その真っすぐな夢を語る思いに刺激され その夢が中傷や妨害に晒される姿に 自分の、上手くいかなかった時間を重ねて 後押しをしたくなると同時に 自分が転んでしまった場所からまた始めてみたいと背中を押される。 そこからの主人公と女性とが共鳴し奏で合う 楽しい、輝く、前向きなキラキラな競争(お互いが切磋琢磨するから)曲が素敵な時間を紡ぎだす。 面白おかしいのと素敵な一歩を踏み出すドラマのバランスが絶妙で 素敵な映画時間を楽しむことが出来る作品でした。 高崎映画祭で特別先行上映として鑑賞しました。

1 ページ/1 ページ中