2018年12月7日公開

来る

PG121342018年12月7日公開
来る
3.2

/ 3,539

18%
24%
29%
15%
14%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

幸せな新婚生活を送る田原秀樹(妻夫木聡)は、勤務先に自分を訪ねて来客があったと聞かされる。取り次いだ後輩によると「チサさんの件で」と話していたというが、それはこれから生まれてくる娘の名前で、自分と妻の香奈(黒木華)しか知らないはずだった。そして訪問者と応対した後輩が亡くなってしまう。2年後、秀樹の周囲でミステリアスな出来事が起こり始め......。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(857件)

不気味16.9%恐怖14.8%絶望的8.9%パニック8.6%不思議8.4%

  • INARENA

    1.0

    ネタバレ怖くない

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ilq********

    3.0

    アラもあるけど引き込まれる謎な魅力

    まず、けっこうなスピードで物語が展開していくのだが、それぞれの主人公もどんどん移り変わる。 メイン人物がリレーしていく感じ。 冒頭からラストまで出ずっぱりのキャラは無く、急に登場したり亡くなったらプッツリ終わり、別のキャラクターが引き継いで筋をつないでいく。 それによって、事象への視線(目線)も変わるので新鮮で飽きさせない。 ストーリーやオチなどは、なんじゃそりゃ?の気分だが、それでも不思議と納得し楽しくその世界に引き込まれた。 映像がスタイリッシュでオシャレw 原色カラーをポイントで使い、狂気を演出し、子供っぽいポップなシーンも印象的。 ただのホラーではない、というメッセージと受け取った。 (ビクッとすることも、この後のお風呂いやだな~とか全然ない。見えない何かも案外怖くないし、ホラーといっていいのかはわからない。 個人的には日本的なおどろおどろしい霊の怖さというより、エクソシスト的なパワー系で豪快痛快な恐ろしさ、と思った) キャストは豪華で皆、芸達者。 特に妻夫木の、表面的には明るく社交的だが実は薄っぺらいお調子者の小物が抜群だった。 悪評が多いのはわかる! ツッコミどころ満載だし、胸くそ悪いし、結局何だったんだ?って感想、その通り! でも自分としてはぶっとんだエンタメとして楽しめたし、ラストのその後が気になるのでもし続編が作られれば観てみたい。

  • cal.02

    1.0

    子供ガンガン泣かすクソ映画

    タイトル通り! 小さな可愛い子供を演技とは言えガンガン泣かすのは気分が悪い

  • spo********

    4.0

    派手すぎて怖くはないが…

    映像はイマっぽいですし、お洒落な感じで、怪異現象もジャンプ漫画級にド派手ですので、怖くはないですが、オカルトやホラー好きにとっては楽しめる作品だと思います。 怪異はド派手にやりすぎなのでリアリティはないです。しかし、細かいオカルトの小ネタとかもあって、作品として面白いです。 あとは、人間の嫌なところ描くのが本当に上手いです。心がひんやりします(笑)。 リアルにゾッとする映画ではなく、 ホラー寄りのオカルトエンタメみたいな感じです。 ※人によっては怖いと感じるかも知れません。 見て損はないと思います。

  • sel********

    4.0

    本格オカルトを目指す

    大掛かりな除霊儀式やら殺され方やら なかなかスケールはでかくてよかったです。 おばあさん除霊師がいっぺんに殺されるのとかピリッとしましたね。 あと黒木さんの殺されっぷりはさすが。 ただよくないのは原因がいまいちはっきりしないので、 因果がよくわからなかった。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
来る

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日

ジャンル