ここから本文です

ラジオ・コバニ (2016)

RADIO KOBANI

監督
レバー・ドスキー
  • みたいムービー 47
  • みたログ 41

3.70 / 評価:27件

解説

イラク出身のクルド人監督レバー・ドスキーが、トルコ国境近くのクルド人街でラジオ局を立ち上げた人々の姿を追ったドキュメンタリー。過激派組織ISからの支配を脱した街で、ラジオを通じて人々に希望をもたらした人たちの健闘を描く。ドスキー監督が被写体としてほれ込んだラジオDJのディロバン・キコさんらが出演している。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

シリア北部のクルド人街コバニは、2014年9月に過激派組織ISによって占領されるが、クルド人民防衛隊が猛反撃に出ると同時に連合軍も空爆支援に参加し、翌年の2015年1月に解放される。住民たちは戻ってくるが、戦闘の影響で街のほとんどががれきの山と化していた。その状況下で、20歳の大学生ディロバン・キコさんは友人とラジオ番組をスタートさせる。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ