ここから本文です

フィフティ・シェイズ・フリード (2018)

FIFTY SHADES FREED

監督
ジェームズ・フォーリー
  • みたいムービー 68
  • みたログ 329

3.31 / 評価:242件

解説

E・L・ジェイムズの小説を原作に、若きCEOと女子大学生の特殊な恋愛模様を赤裸々につづった『フィフティ・シェイズ』シリーズの最終章。晴れて夫婦になった二人に魔の手が襲い掛かる。これまでのシリーズ同様ダコタ・ジョンソンとジェイミー・ドーナンが美貌のカップルを演じるほか、エリック・ジョンソン、リタ・オラ、マーシャ・ゲイ・ハーデンらが共演。前作の監督だったジェームズ・フォーリーが、本作でもメガホンを取った。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

アナ(ダコタ・ジョンソン)とクリスチャン(ジェイミー・ドーナン)は幾多のハードルを乗り越えて、念願の新婚生活を迎える。しかし、かつてアナが勤務していた出版社の上司でクリスチャンに恨みを持つジャック・ハイド(エリック・ジョンソン)が関わる事件で、二人は命の危険にさらされる。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ