2018年5月11日公開

ボストン ストロング ~ダメな僕だから英雄になれた~

STRONGER

PG121192018年5月11日公開
ボストン ストロング ~ダメな僕だから英雄になれた~
3.4

/ 337

12%
34%
42%
8%
3%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

ボストン在住のジェフ・ボーマン(ジェイク・ギレンホール)は、別れた恋人のエリン(タチアナ・マズラニー)とよりを戻すため、彼女が出場するマラソンの会場に行く。だがゴール地点近くで爆破テロが起き、彼は両足を失ってしまう。昏睡(こんすい)から目覚めたボーマンは警察に協力し、そのおかげで犯人の目星がつく。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(59件)

勇敢16.3%切ない15.0%泣ける13.7%悲しい11.1%絶望的11.1%

  • みかり

    4.0

    リアルな軌跡。

    テロは覚えていてもこの主人公の話、知らなかった。 想像を絶する悲嘆、絶望と家族模様。リアルで胸を打たれた。 J.ギレンホールの主演作品というところで観たけれど、この人、いい俳優さん。ますますファンになった。

  • あき

    3.0

    普通の闘病記じゃないですよ。

    ボストンマラソンテロ事件で両足を失った被害者の実話。ギレンホールがやるならお涙ちょうだいの闘病記にはなりません。犯人の目撃情報を提供したために、英雄に祭り上げられる自身の葛藤をわかりやすく演じてます。事件のトラウマと葛藤を乗り越えて、本当に生きることに向かいあう人間ドラマ。

  • oce********

    3.0

    被害者の視点

    ボストンマラソン爆弾テロ事件が起きたとき、いち早く犯人が逮捕されたが、それに貢献したのが被害者側であるジェフ・ボーマンその人。 テロによって両足が失われ、ジェフがいかに再起したのかを描くドラマ。 塞ぎこみたくなるような現実に嘆くのだが、かなり自由奔放な家族の良い意味での軽さが救っているのは否定できないし、元鞘に戻った彼女の献身的な貢献も無視できない。 実話なのでほとんどストレートに進むため、起伏はほとんど見当たらない。 むしろヒーローへと祭り上げられるジェフの戸惑いの方が多く、その運命をどのように受け入れていくのかだ。 ジェイク・ギレンホールは熱演しているが、ドキュメンタリーでも充分な気がしてしまう。

  • yok********

    3.0

    ジェイク・ジレンホールだから鑑賞

    この邦題だけでは鑑賞していなかった。  恋人が素晴らしかった。 映画としては、母親のウザさと親戚や友達のザワがリアルに描かれていて面白かったです。

  • ebi********

    4.0

    ネタバレ最後の写真

    このレビューにはネタバレが含まれています。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
ボストン ストロング ~ダメな僕だから英雄になれた~

原題
STRONGER

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日

ジャンル