ここから本文です

猫は抱くもの (2018)

監督
犬童一心
  • みたいムービー 142
  • みたログ 428

3.05 / 評価:346件

解説

『ヘルタースケルター』などの沢尻エリカが主演を務め、大山淳子の小説を原作にしたドラマ。『グーグーだって猫である』シリーズなどの犬童一心監督がメガホンを取り、生きることに嫌気が差したヒロインと、自分を彼女の恋人だと信じ込む猫の不思議な関係を映し出す。『武曲 MUKOKU』や『オーバー・フェンス』などの高田亮が脚本を担当。人間と猫の世界を意外な形で融合させている。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

33歳の沙織(沢尻エリカ)は、アイドルグループ「サニーズ」の一員として活動していたが、成功することはなかった。地方都市のスーパーマーケットで働く孤独な彼女の唯一の慰めは、ペットショップで売れ残っていたロシアンブルーのオス猫の良男だった。沙織は、毎日良男相手に自分の気持ちを語り続け……。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ