2018年5月4日公開

ホース・ソルジャー

12 STRONG

PG121302018年5月4日公開
ホース・ソルジャー
3.6

/ 1,099

18%
38%
33%
8%
3%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

アメリカ同時多発テロ翌日の2001年9月12日。対テロ戦争の最前線部隊に志願したミッチ・ネルソン大尉(クリス・ヘムズワース)は、12名から成る特殊作戦実行部隊の隊長に任命され、アフガニスタンへと乗り込む。反タリバン勢力を率いるドスタム将軍と協力し、テロ集団の拠点マザーリシャリーフ制圧に動きだすミッチたち。だが、タリバンの軍勢が予想を大きく上回ることが判明し、山岳地帯の厳しい自然も立ちはだかる。ドスタムは、山岳地帯では馬が最大の武器になることを彼らに教えるが……。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(154件)

勇敢25.6%かっこいい12.8%スペクタクル12.3%恐怖9.5%絶望的8.6%

  • ovu********

    4.0

    2021テロ復習

    思い強い俳優余り知らない顔ブレ内容悪く無いと思う、現実裏切り者計り無いね。

  • b_o********

    3.0

    まあまあ

    まあまあよかった。こんなことがあったなんて知らなかった。

  • kak********

    4.0

    去れば臆病者、残れば敵、それがアフガン!

    アメリカ同時多発テロ後のアフガニスタンを舞台に、アメリカ陸軍特殊部隊の活躍を描いた実話の映画化。それも、たった12名の精鋭部隊がアフガニスタンへ乗り込んだのだが、秘密作戦だったため当時は事実が明らかにされていなかった。 主人公のミッチ・ネルソン大尉を演じたのは、「マイティーソー」シリーズの主役を務めたクリム・ヘムズワース。澄んだ瞳なので人を殺していないと言われるのだが、戦いを経て目つきが変わる有様は流石主役とうならされた。 共演では、「バニラ・スカイ」のアーロン役や、「パール・ハーバー」のグーズ役などに出演のマイケル・シャノンが良い味を出している。また。「大いなる陰謀」や「フューリー」などの脇役で活躍しているマイケル・ペーニャや、TVドラマ「プリズン・ブレイク」のマホーン役で知られるウィリアム・フィクナーなどが脇を固めている。 物語は、実話に基づいているだけあって、現代の戦争の凄まじさを目の当たりに見ることになる。テロ組織と言っても、近代兵器で武装されててアメリカ空軍の掩護を得ても容易に倒せるわけではない。ただただ非現実的な世界を見せられるだけで何も言えないのが正直なところだ。 願わくばこのような戦いは見たくないのだが、人命が脅かされる事態を無視するわけにはいかない現実が重くのしかかる。勝っても負けても喜びに繋がらないアフガニスタン情勢を少しは理解できたかもしれない。 劇中「去れば臆病者と言われ、残れば敵と見なされる。それがアフガニスタンだ」という一説があるが、その言葉が心に残る映画である。

  • sou********

    3.0

    なんて複雑な土地柄なんだ…。

    映画の中で、有史以来、侵略を受け続けた土地柄である話が出てくる。 さらには、部族間闘争はあるし、宗教間や宗教観の問題もあるだろう。 現代では、ソビエト侵攻もあったし、今ではアメリカとの摩擦もある。 この、実話ベースの物語にも、土地の持つややこしさが登場する。 9.11のテロに対するアメリカのアフガニスタンでの軍事行動は、タリバン政権との戦いでもありながらアルカイダ殲滅を狙う作戦として描かれる。 アメリカ軍が共闘するのは、アフガニスタンの反タリバン勢力の1軍閥。 反タリバン勢力は他にもあるが、軍閥同士は関係が良いとは言えない。 僕みたいな知識の足りない者は、実話ベースで描かれる複雑な関係性に驚かされてばかり。 他の国や地域でも、大国の介入で混沌と怨嗟が生まれる場合がある。植民地時代がきっかけだったり、もっと新しい時代の問題もある。 先進国ですら、国内一部地域で独立の機運が高まったりするのだ。 アフガニスタンのような複雑な土地柄では、僕なんかが知り得ない感情が渦巻いているのだろう。そこに住む者にしか分からない問題は存在する。 完全なる庶民の立場でしか生きて来なかった僕には、この土地に住む庶民と呼ばれる人々の苦悩を思うと胸が痛む。度々起こる紛争に、人権問題も大きく影を落とす。本当に大変な場所だと思う。 9.11の義憤と愛国心でアフガニスタンの荒野に立つ12人の兵士の物語は、土地が持つカオスの一部を現すものだった。 また、現代の戦闘で、アメリカ兵が馬で戦った異質で特殊な戦闘の物語でもあった。彼らは、まさにカウボーイだった。勇敢だった。 この映画を観た日、アメリカ軍のアフガニスタン撤退完了のニュースが入ってきた。 平和がすぐに訪れなくても、平穏がすぐに訪れる事を願ってます。

  • tks********

    3.0

    9.11が起こった後に

    9.11が起こった後に、こんな前近代的な騎馬戦が本当に行われていたのであれば、確かに衝撃である。 戦闘シーンはなかなか迫力があり、兵士同士の会話に、男はどう生きるか的な熱い語りもありなかなか面白かった。 今気づいたがマイティソーの人なんですね。結構雰囲気違って分かりませんでした。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
ホース・ソルジャー

原題
12 STRONG

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日