ここから本文です

ホース・ソルジャー (2017)

12 STRONG

監督
ニコライ・フルシー
  • みたいムービー 234
  • みたログ 1,073

3.62 / 評価:870件

後日談には心惹かれるものがあった

  • fg9***** さん
  • 2019年4月24日 15時28分
  • 閲覧数 430
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

 …あらすじは、横着をして、解説の次のとおりだけでイイだろう。
 『アメリカ同時多発テロ翌日の2001年9月12日。
 対テロ戦争の最前線部隊に志願したミッチ・ネルソン大尉(クリス・ヘムズワース)は、12名から成る特殊作戦実行部隊の隊長に任命され、アフガニスタンへと乗り込む。
 反タリバン勢力を率いるドスタム将軍と協力し、テロ集団の拠点マザーリシャリーフ制圧に動きだすミッチたち。
 だが、タリバンの軍勢が予想を大きく上回ることが判明し、山岳地帯の厳しい自然も立ちはだかる。
 ドスタムは、山岳地帯では馬が最大の武器になることを彼らに教えるが……。』
 なんら予備知識もなく観始めたので、タイトルからして南北戦争時代の戦記ものかと思ったオラッチは愚かで、2001年9月11日のワールドトレードセンター・ツインタワーの同時多発テロの映像は何度見ても脅威だな~。
 で、これをテレビで見ていたミッチ大尉は居ても立っても居られず、事務畑の任務に就いていたにも関わらず、対テロ戦争の最前線部隊に志願するのだった。
 上官からは経験がないと足蹴にされたが、スペンサー准尉(マイケル・シャノン)の後押しもあって、最前線部隊の極秘任務の隊長として精鋭11名(マイケル・ペーニャ、他)を引き連れてアフガニスタンへと乗り込むのだった。
 で、反タリバン勢力のドスタム将軍率いる軍勢と協力して、憎きタリバンの拠点マザーリシャリーフを制圧すべく、決死の攻防を繰り広げるのだった……といった実話ものだ。
 でも、敵勢5万人というのも盛り過ぎながら、12人で戦いに挑んだ『ホース・ソルジャー』というのも誇大宣伝だったな。
 ドスタム将軍の軍勢は数百人ぐらいはいたし、敵さんの拠点の大半を制圧したのは、専ら座標軸を教えて貰った空軍が爆撃で殲滅したのだった。
 でも、敵さんは、死んだら天国へと行けるものと信じ切っているので、撃ち抜かれても撃ち砕かれてもワラワラと沸き上がってくるのだった。
 そうこうしているうちに、ミッチ大尉を後押ししてくれたスペンサー准尉が持病の椎間板ヘルニアと馬の長乗りで腰痛を発症し、それでも精鋭部隊の古株として奮闘していたが、白旗を挙げて投降してきた敵さんの自爆テロに遭って瀕死の重傷を負ってしまう場面は可哀想だったな。
 で、ラストの攻防だ。
 敵さんは40連弾のロケット砲まで繰り出して激烈な攻撃を仕掛けてくるのだった。
 40連発を撃ち尽くした後は、弾を装填するのに2分間掛かるので、その隙を突いてミッチ大尉が先陣を切って馬を駆り、総攻撃に打って出るのだった。
 このシーンは、邦題の『ホース・ソルジャー』も決して的外れではなく、馬の腹を蹴りながら機銃をぶっ放すミッチ大尉はカッコイカッタな。
 思わず、右手に全能のハンマー「ムジョルニア」が握られているものと錯覚したが、敵さんを蹴散らして任務遂行を果たし、スペンサー准尉も含めて精鋭12名全員が命を落とさずに帰還の途に就いたのだった。
 ラストで、ワールド・トレード・センター跡地[グラウンド・ゼロ]に建立された「馬に乗って移動する特殊作戦部隊」の銅像が映し出されるが、無知なオラッチはこんなものがあるなんてチットモ知らなかったな~。
 更に、エンディングで精鋭12名の記念写真も映し出され、アメリカ万歳!の匂いが芬々とするものの、改めて凄い実話だと驚いた。
 更に驚いたのは作品に描かれていない事実だ。
 で、上層部は2カ月間ぐらいはかかると睨んでいた任務だったが、実際はミッチ大尉が約束した通り3週間で果たしてしまったものの、その後、直ぐには家族の許へと帰ることは出来なかったそうだ。
 待ち望んでいたクリスマスまでにも帰ることは叶わず、更なる任務を引き受けたそうだ。
 それは、道路を作ったり、地雷を除去したり、学校を建てるなどのインフラ事業だったらしい。
 テロ戦争への大義はあるとは雖も、人を大勢殺めてしまったことに対しての、自らが納得のいく善行を欲したのだろうか……?
 いやいや、これもあれも正義のアメリカの策略か?
 そんな憶測はどうでも宜しいが、この後日談には心惹かれるものがあったので若干加点して、十分見応えアリの3.4点といったところかな。
 
 (メモ 総レビュー数:3329件、2019年度159作品目)

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 楽しい
  • スペクタクル
  • 恐怖
  • 勇敢
  • 切ない
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ