ここから本文です

PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System Case.2 First Guardian (2018)

監督
塩谷直義
  • みたいムービー 117
  • みたログ 428

4.15 / 評価:344件

須郷と征陸さんが主役の渋く切ない話し

  • izq***** さん
  • 2020年3月4日 19時40分
  • 閲覧数 42
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

現執行官 須郷が軍にいたときの物語。須郷と征陸執行官が主役。いつもあまり目立たない役回りの須郷が抱える過去の悲劇と根底にある正義感が征陸執行官の影響だったことがわかる渋い話し。征陸さんはいつも以上にいい味出してる。常守、狡噛、宜野座らがちょい役だが、本作は良くできてる。いい。

国防省が武装ドローンに襲撃される。犯人は、かつて軍事作戦中に行方不明になった須郷の先輩大友逸樹。公安局は、青柳監視官と征陸執行官のチームと、宜野座監視官、狡噛、縢のチームに分かれて捜査。両チームとも大友を見つけ倒すが、何れも大友が自分の情報をアップロードしていたトレーニングロボであった。そして、大友が行方不明になった軍事作戦で須郷が投下した救援物資は、実は化学兵器で敵もろとも地上に取り残された大友ら仲間達も殺戮していた。
大友のロボットでのテロは、軍事作戦の中身を知った大友の妻、燐が復讐のために行っていた。しかし、軍事作戦の中心人物の作戦監視官の高江洲に殺される。そして、高江洲は征陸のドミネーターで執行される。
須郷は後に色相悪化し潜在犯となるが、征陸の正義の心に影響を受けてか執行官となる、という話し。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ