レビュー一覧に戻る
ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生
2018年11月23日公開

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生

FANTASTIC BEASTS: THE CRIMES OF GRINDELWALD

1342018年11月23日公開

高柳直温

1.0

脚本はプロに任せた方が…

とにかく中身のないストーリーが続きます。 難解なのでは無くわかりにくい脚本です。 映画が終わった後、皆んな黙りこくってしまった。誰一人言葉を発さなかった。こんな映画は初めてです…。 脚本も原案も全てJ.K.ローリングが手がけたそうですが、まるで素人がネットに投稿したライトノベルのようです。 セリフはやたら早口で長く、字幕を読むのに精一杯。せっかくジョニーディップという大御所が出演しているのに、彼の役はカリスマの殻を被った小物。 セリフの内容がコロコロ変わる上にハリーポッターをしっかり観たことの無い人にはチンプンカンプン。(私は全部観ています。) 洗脳や演説などのカリスマ性が求められるシーンは全て切り捨てる。 魅力のある新キャラクターは一人も出てこないし、肝心の主役は画面の端っこで突っ立ってる。 こんなに長く感じた映画は初めてです。 次に期待しろと言われても苦しい限りです。 ファンの方はあえて観た方が良いと思います。ハリーポッターは終わったことを認識するために。 ファンでない方で興味がある方は観ない方が身のためです。なんとも気まずい雰囲気になりますよ。

閲覧数3,334