ここから本文です

明日にかける橋 1989年の想い出 (2018)

監督
太田隆文
  • みたいムービー 42
  • みたログ 78

3.66 / 評価:73件

たまにはこんなルール違反があってもいい

  • たまごロール さん
  • 2019年8月25日 9時31分
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

「過去を変えてはいけない」
これはタイムスリップ物の鉄則です。
でも超話題作「君の名は。」はこのルールを完全に無視して大惨事を回避してしまって驚きました(苦笑)。
それもこの手作り映画では、「まあこのくらいは許してあげよう」という気持ちになります。大資本で大掛かりな大作ばかり注目される昨今では、どうしても安っぽく見えると思いますが、手作りならではの温かさがあります。(DVDでご覧の方は必ずメイキングも見てください)
キャッチコピー「日本版バックトゥザフューチャー」には違和感があります。確かにシチュエーションやドクもどきの先生は出てきますが、色恋はほとんど出てきませんし、全く別物です。
過去の時間で、亡くなった父と娘が語り合い涙する場面は秀逸です。存在があまりに近すぎて、お互いがちゃんと見えていない。「ありがとう、が言いたかった」・・・そのもどかしいまでの思いが真っ直ぐに伝わって来て観客も涙が止まりません。若い世代にはわかりにくいかもしれません。
 ちなみに主演の越後はるかさんが、初主演とのことですが、初々しくて美しいです。それだけでも観る価値があると思います。今後も良い作品で出会いたいものです。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • ファンタジー
  • 不思議
  • 切ない
  • かわいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ