ここから本文です

青夏 きみに恋した30日 (2018)

監督
古澤健
  • みたいムービー 70
  • みたログ 551

2.41 / 評価:515件

切なくない青春映画。。

  • 元気に映画好き さん
  • 2019年8月18日 12時16分
  • 閲覧数 140
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

青春映画は、たった一つ「せつない」事。。これが全て。
せつなく、ない青春映画は、それだけで失格。

この映画は、せつない、設定でありながら、何一つ、切なくならない。

どこがだめか??それは「答えを出してしまっている」という日本映画の
失敗パターンです。(君の名を・・などもそう)

この映画でもぎんぞうとヒロインが、夏休みが終わって別れて
しまうシーンで終われば、せつなさ、が残ります。
それまでに、彼が田舎を出る決心を決めているシーンがあればいいわけです。

どうなったんだろう・・というモヤモヤが少しは残るべきなのです。
それが「せつなさ」なのですが。。

名作には、かならず「もやもや」があります。

それを映画作りの方は、ぜひ考えてほしいものです。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ