ここから本文です

カメラを止めるな! (2018)

ONE CUT OF THE DEAD

監督
上田慎一郎
  • みたいムービー 1,882
  • みたログ 2.1万

4.09 / 評価:17851件

シャレード(小道具による表現)の教科書

  • kartu_yan さん
  • 2021年2月23日 21時13分
  • 閲覧数 465
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

よく練り上げられた脚本だ、と感心する。
日本の映画脚本の多くは論理性がないものが多い。
ところが、「カメラを止めるな」は論理性が高い。第1部の「劇中劇の下手くそなホラー映画」のあと、第2部で「裏側の事情」が明かされていくが、すべての人物の動機づけが過不足なく、噛み合っている。

たとえば「監督」は当初「ワンカット長回しゾンビ映画」の依頼を断る。あまりにも無茶すぎる企画だからだ。
だが、娘が、あるイケメン男優のファンである、と知る。そのイケメン男優が「ワンカット長回しゾンビ映画」に出るのだ。
「監督」の心に、娘から父親として尊敬してほしい、という動機づけが生まれる。だから、無茶な仕事を引き受けてしまうのだ。
このように、すべての人物の動機づけが設定されて、しかも精密機械の歯車のように、噛み合って動いていく。

だからこそ、ラスト・シーンに感動するのだ。娘が「監督」に一枚の写真を渡す。これが感動の、だめ押しになる。「監督」は「ああ、この無茶な仕事を引き受けて良かった」と思わず笑みが、こぼれる。
日本の映画脚本で、このぐらい論理性が高いものは珍しい。
シャレード(小道具による表現)の教科書として、日本映画史に残る作品だ。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • 知的
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ