ここから本文です

HURRY GO ROUND (2018)

監督
石川智徹
  • みたいムービー 59
  • みたログ 132

3.04 / 評価:114件

茶番!テレビでやればいい内容の事しか無い

  • vio***** さん
  • 2018年5月29日 7時32分
  • 閲覧数 2191
  • 役立ち度 21
    • 総合評価
    • ★★★★★

ファンなら誰でも知ってる内容しか無いので、ネタバレも何も無い。

正直、なんじゃこりゃ??と思った。
最初の30分以上も、誰でも知っている映像やPVばかりを長い尺で流していた。
しかも、この2018年に汚い画質で!

途中の茶番劇で疑問に思う箇所が有ったが、今の時代に貴重な映像のマスターテープらしき物のでかいダンボールを大量に旅館なんかに送る訳無いだろ!
事務所から送るなら、データ化した物をハードディスクで送るだろうが。
矢本悠馬とか要ら無い。タバコを吸いながらhideの今までの映像を見て汚い字で印象を書き出していたが、全く不要な不愉快シーン。

最後のHURRY GO ROUNDの別テイクが見付かったと云うメールの文章も、
映画用に作った偽物の文面で何だか観ていて気持ち悪かったぞ。
ドキュメンタリーのつもりなのに、後付の嘘にまみれている。
生前のhideのやって来た仕事と人生が最高だったと思う層がこの映画を観に来ているのだから、
hideの身内が実に安っぽい嘘を散りばめて作るのは勘弁して欲しい。

曲は良い、音楽は良いんだよ。hide自体は好きだから音楽は★5!
スタッフロールの曲は文句付けれない。
こんなの聴かされると、思わず自分でも弾き語りしたくなる。
ここでは、裸の「HURRY GO ROUND」が聴ける!

あとは、金儲けの集金活動として映画を作った中身の無いどころか存在がマイナスな作品。
LAのシーンでもだらだらと安っぽい感じで撮ってるだけで、テレビでやれば良い内容でしか無かった。
超低予算映画だな。

弟なのにhideの遺産を集金活動のネタにしやがって、冒涜している内容。
全体的に観ていて飽きの来る映像で、この程度の手腕で監督やってる奴も映画を舐めている。
こんな稚拙な作品にもならん垂れ流し動画を「映画」と言えるなんて、プライドが無い監督。その辺のユーチューバー以下の動画。
次は、音楽のドキュメント映画を撮り慣れているマーティン・スコセッシにでも頼んで作って欲しい、その位に本気なら喜んで観る。

兎に角、これはファンを舐めた裏切り映画だね。ペロキャン過ぎる。
どうせ観る奴は馬鹿ばかりだから解ら無いだろ?何でも飛びつくだろ?位にしか思っていない答え。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 絶望的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ