ここから本文です

BLACKFOX (2019)

監督
篠原啓輔
  • みたいムービー 27
  • みたログ 66

3.59 / 評価:56件

ソードアート・オンラインらしい熱さっ

  • ハイダウェイ さん
  • 2019年11月3日 18時31分
  • 閲覧数 569
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

まったく知らない映画だったけど、妙に気になったので遅れて観てきた。
「ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン」のスタジオが製作したとあったが、なるほどね、そんな感じがすごくした。
クライマックスでの不屈の突進、熱とかがさ。
あっちが楽しめる人なら、こっちも楽しめるだろう。

展開もベタな少年漫画のようで完成度が高い。
ベタな忍者という素材を、近未来的なSFとかけ合わせている。
冒頭で、主人公のリリィを形作るエピソードがしっかりしている。
幼少期=少女忍者ってのもツカミとしてはいいよね。
友情と敵としての同時の出会い。

ああいう影のある友や敵というのも良い素材だ。
倒すのではなく助ける。
そうそう、リリィだけでも忍者としてそれなりにやれるが、お助けメカともいうべき父の置き土産がまた、キャラとしても戦力としても有効だ。
そして置き土産・・・
深くは描かれていなかったが、チャキチャキの忍者の祖父。

一方で、忍術ではなく科学で世界を救おうとした父。
相反する2人の家族の想いが一つになったあの置き土産には泣けたなぁ~
『押してまいる!』
めっちゃカッケ~~!!
ロボット的なキャラもズルい気がするが、敵のあれってサイキック!?
ありゃズルいわ。

んで、さらに父って!?
誰もが最強みたいでズルいが、まぁ、倒すべきラスボスとしてはパパが必要だったわな。
あの2人だけが・・・と思っていたら、そうか3人目もかっ!!
不思議ちゃんとは思っていたけど、あれがあの伏線の中身だったのか。
そして、最後のカット!!
本当のラスボスも傷一つなく健在だし、これは続編確実だな。
次は最初からチーム戦を期待だ。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ファンタジー
  • ロマンチック
  • 勇敢
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ