ここから本文です

BLACKFOX (2019)

監督
篠原啓輔
  • みたいムービー 27
  • みたログ 66

3.59 / 評価:56件

中途半端

  • ero***** さん
  • 2020年3月26日 5時29分
  • 閲覧数 521
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

独自の信念を守り受け継がれてきた一族の祖父と世の為人の為為科学の発展に従事する父、2人を家族に持つハイブリット二世。
世界観や話、人物の背景はしっかりしてた。
ただ、想像力豊かな設定とは裏腹にキャラクターの魅力がない。決定的に個性、特徴が足りてない。物語の規模だけが先走っちゃってる。器用貧乏作品って感じ。
一つ目。主人公は幼少期からある程度、戦術的な技能を培ってきたことが最初の描写から垣間見えるけど、復讐の原因となった始まりの敵襲時、じーちゃんに任せっきり。かといえば、半年後の終盤にかけてはめっちゃドンパチ奔走しちゃってるし、重火器相手に腰引けてた奴が半年でそこまで強くなれるのか。とはいえ始めは“起”なので、宿敵なる相手に致命傷を与えろとまではいかないが、流石に一方的にやられっぱなしだったのは違和感。急成長までのプロセスにも少しはフォーカスを当てて欲しかった。
二つ目。屋敷には忍者一族らしい仕掛けあることや、その家の構造を主人公が知り尽くしてることも最初の描写で見受けられるが、来たるやもしれぬ日に備えて仕掛けられた罠等が実はあったりしないのか、初手敵襲時何も発動せず(でなければ、祖父は駆使したが視点が主人公なのを意識してただ描かれなかっただけか)。始めの描写をもっと活用できたのではと思う。忍者一族、そんなものか。
三つ目。狂言回しのアニマルドローン(特に犬)が鶴の一声すぎる。もっと復讐に於ける殺しと単なる成敗の間で葛藤して欲しかった。出過ぎた真似をしすぎだ、犬っころ。

その他諸々、もっと主人公ちゃんに人間味を出してあげてほしかったな…
因みに戦闘シーンに関してはお見事だった。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ