ここから本文です

チャンブラにて (2017)

A CIAMBRA

監督
ジョナス・カルピニャーノ
  • みたいムービー 24
  • みたログ 16

3.71 / 評価:14件

救いのない世界

  • lub***** さん
  • 2019年1月26日 8時49分
  • 閲覧数 329
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

おしゃぶり代わりに煙草を吸う幼児。
「おはよう」の代わりに「ぶっ殺す!」。
家業は泥棒。警察やマフィアの介入に怯えて暮らす。そんなイタリアのロマ(ジプシー)の生活。
最初から最後まで救いのない生活を永遠見させられる。しんどい。
最近、この手の体感映画が増えている。ちょっと食傷気味。
ドキュメンタリータッチの映画。出て来る一家はほぼ実名でどこまで演技か不明だが、リアルで上手い。特に母親の表情や振る舞いがリアル。

将来の夢もない生活でも、家族との団欒は温かい。
大家族でにぎやかだ。どん底の生活でも人は楽しみや幸せを求める。
14歳にして大人を騙すことばかり考えてる悪童でも、眠気に勝てず母親に甘えるようにすがりつく姿は子供だ。
時折出て来る馬が、薄汚い現実から逃避する彼の心の風景なのかも知れない。

嘘や騙しを日常としていても、友情を裏切ることは子供にとってかなりな痛みらしい。
イニシエーションのようにその苦痛を乗り越えなくては大人になれないのか。
残酷な結果を経て、彼はもう子供には戻れない世界へ進んでいく。
覚悟を決める14歳の少年の顔が印象的。
子供ではいられない過酷な世界と、いつまでも子供でいられる為に自立できない大人を生んだ国とどちらが不幸なのかなと一瞬考えた。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • 恐怖
  • 絶望的
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ