ここから本文です

いつだってやめられる 闘う名誉教授たち (2017)

SMETTO QUANDO VOGLIO: AD HONOREM/I CAN QUIT WHENEVER I WANT: AD HONOREM

監督
シドニー・シビリア
  • みたいムービー 37
  • みたログ 80

3.57 / 評価:49件

解説

不遇な研究者たちが再起を懸けるコメディー『いつだってやめられる』シリーズの完結編。服役中の神経生物学者が、大規模テロを止めるために、かつての仲間たちを集めて脱獄を図るさまを描く。『おとなの事情』などのエドアルド・レオ、『輝ける青春』などのルイジ・ロ・カーショをはじめステファノ・フレージ、リベロ・デ・リエンツォ、ヴァレリア・ソラリーノらおなじみの面々が登場。前2作の監督を務めたシドニー・シビリアが、引き続きメガホンを取った。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

ドラッグを作った罪で服役中の神経生物学者ピエトロ・ズィンニ(エドアルド・レオ)は、合法ドラッグの製造者を探っていたところ、ある男が神経ガスを用いたテロを企てていることに気付く。ピエトロはテロによる大量殺人を阻止しようと、各地に収容されている合法ドラッグ製造仲間を招集し、知恵を絞って脱獄計画を練る。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ