ここから本文です

ゲッベルスと私 (2016)

A GERMAN LIFE

監督
クリスティアン・クレーネス
フロリアン・ヴァイゲンザマー
ローラント・シュロットホーファー
  • みたいムービー 75
  • みたログ 88

3.65 / 評価:71件

解説

ナチスの主要人物ヨーゼフ・ゲッベルスの秘書だったブルンヒルデ・ポムゼルが、終戦後長きにわたる沈黙を破って当時の様子を語るドキュメンタリー。撮影当時103歳の彼女が、全体主義に染まる第2次世界大戦下のドイツで生きた人々の姿を生々しく証言する。クリスティアン・クレーネス、フロリアン・ヴァイゲンサマーら4人が監督を務める。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

若きブルンヒルデ・ポムゼルは、アドルフ・ヒトラーが信頼を寄せるヨーゼフ・ゲッベルスの秘書として採用される。彼女は、第2次世界大戦中の1942年から終戦までの間、非人間的行為に手を染めてきたゲッベルスの側で、言われたことを粛々とタイプライターで打ち続けていたという。やがて戦況は悪化し、1945年にはベルリンでの戦いが始まり……。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ