レビュー一覧に戻る
若おかみは小学生!
2018年9月21日公開

若おかみは小学生!

OKKO'S INN

942018年9月21日公開

yab********

4.0

”想い”がたくさん詰まった良い作品です

私は60近いおっさんだが、とても良い作品で涙した。 私の中では実写版とかアニメとか、そういう観点では見ない。面白いか、面白くないか で別れる。面白いと一言で言っても色々な面白いがある。楽しい、笑える、感動する、心が熱くなる、スリル、怖さなど人それぞれ感じ方は違うので、どれが正しいとかは無い。だからスリルや恐怖を求める人には向かない(映画のタイトルで分かることだと思うが) 私の良い作品は監督がその作品や主人公を通して、伝えたいこと、問いかけたい事、訴えたいこと、想い が伝わった作品だと思う。そして時間を超越して忘れるような作品だと思う。(監督の編集が下手で面白いけど、だらだらと長い映画もたまにある。)  この映画には 相手に対する”想い”で溢れてる。主人公の周りの人やお客様に対する”想い”。亡くなっても子や、好きな人を見守ってあげたい”想い”嫌なクラスメイトだけど相手を認めることのできる”想い”  今も昔も、そしてこれからも人にとって一番大切な”相手への想い”。それは人が人であるための特権だと私は思う。そんな”想い”がいっぱい詰まったこの作品はとても好きだ。  勿論 フィクションだからツッコミどころはある。ただそんなつまらない事で、この作品に携わった人達の想いを感じないのは愚行と思う。そんな方たちはドキュメンタリー映画を見てれば良い。

閲覧数615