ここから本文です

上映中

劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン (2020)

VIOLET EVERGARDEN THE MOVIE

監督
石立太一
  • みたいムービー 607
  • みたログ 2,602

4.32 / 評価:2274件

手紙をめぐる感動話。

  • Kainage_Mondo さん
  • 2020年9月20日 19時59分
  • 閲覧数 2216
  • 役立ち度 34
    • 総合評価
    • ★★★★★

エンドクレジットには、かの事件 ( 2019年7月 ) で非業の死を遂げたスタッフの方々のお名前も数多あったに違いない ・・・ それを思えば、素晴らしい映画を届けて貰ったことに感謝したいし、物語の幕があく前、巻頭で 京都アニメーション のロゴを見た瞬間から、目頭は熱くなっていたのかも知れない。

2018年1月からの テレビアニメ を観ていた方が理解が深まるらしい本作だが観ておらず、予告編を手掛かりに鑑賞を決めたのだが、予想とは違った話だった。 “自動手記人形” ( 通称ドール ) と呼ばれる、手紙の代筆を生業とした女性の物語で、ひと言で纏めてしまえば 手紙をめぐる感動話 なのだった。

もちろん ヴァイオレット ( 石川由依 以下敬称略 ) と ギルベルト少佐 ( 浪川大輔 ) の恋愛話が中心ではあるのだが、中盤の ユリス少年 と ヴァイオレット の交流を描いたエピソードが出色の出来 ! で、これには大いに泣かされた。その後の ヴァイオレット&ギルベルト の成り行きは、溜めを作ってヤキモキさせて措いて、一気の爆発で持ってゆく正統派の展開。これはこれで良かったのだが、ユリス少年 を超えたか否かは微妙だと感じた。

いい歳を放いて泣かされるシーンが多かった本作。ヴァイオレット の抑えに抑えたキャラの魅力も相俟って、感情面での評価は文句なく ★5つ だったのだが、そこはいい歳を放いている分、引っ掛かるところも幾つかあった。その壱 ) ギルベルト は何故、戦場に彼女を連れて行ったのか ? 鉄カブトすら与えられず。 その弐 ) 両腕を同時に失えば、その場での応急手当なしでは失血死は免れないが ? その参 ) ヴァイオレット の衣装が物語を通してずっとず~っと同じなのは何故なのか ? 等など。テレビシリーズを観ていれば分るのかも知れないが、本作だけでは無理だった。

それにしても 140分 の尺は堂々の大作アニメであり、絵面はじつに美しかった。セル画の数を抑えるための工夫はあったが、却ってそれが絶妙な “間” としての効果を発揮して好もしかった。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • ロマンチック
  • 知的
  • 切ない
  • かわいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ