2018年9月28日公開

クワイエット・プレイス

A QUIET PLACE

902018年9月28日公開
クワイエット・プレイス
3.1

/ 2,985

11%
26%
35%
18%
10%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

音に反応して襲撃してくる何かによって、人類は滅亡の危機にさらされていた。リー(ジョン・クラシンスキー)とエヴリン(エミリー・ブラント)の夫婦は、聴覚障害の娘ら3人の子供と決して音を立てないというルールを固く守ることで生き延びていた。手話を用い、裸足で歩くなどして、静寂を保ちながら暮らしていたが、エヴリンの胎内には新しい命が宿っていた。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(699件)

恐怖18.5%不気味14.8%パニック13.1%絶望的13.0%勇敢9.4%

  • wan********

    2.0

    ほぼほぼスティーブン・キング

    キング好きな人は多分楽しめる、かも? クーンツやマキャモンが好きなわたくしは、物足りない。 こんなやつらに人類、負けるわけねぇじゃん、って感じ。 でも最初の荒廃感は好き、ただそれだけで最後まで観てしまった。

  • ech********

    3.0

    ショッカー高 スリラー中 サスペンス低

    ショッカーは高めですが、話に無理があるのでスリラーとサスペンスが効きません。 普通のドラマとしても、やはりお話が破綻しているのに加えて説明不足が多く話がみえません。 例えば、娘が難聴なんて初めの方ではわからないし、補聴器がなんであんな音出すのか、娘はなんであんなに拗ねてんのか、など。 最大の問題は、人類が滅亡するほど世界中に蔓延してるんだから何やっても一時しのぎにしかならない、って結論見えてるところ。 続編作るらしいけど、この問題は解決できないでしょう。星飛雄馬が実は右利きだった的なそれまでの話全部ひっくり返しのウルトラC出さないかぎりは。

  • ken********

    2.0

    最後のドヤ顔はどうなん?

    前半の世界が荒廃した世界観、音を立てたら殺されるスリル感は 今までにこのような作品はなかったのでかなりドキドキしていた。 設定としては成功したのではないかと思う。 しかし、エイリアン(!?)が現れだしてきてから何の映画なのかなと混迷してきた。目が悪くて音に敏感なエイリアンってどうなのかな。 そして、聴音機の周波数に異常に弱いという大弱点って… 極み付けはラストシーン。エイリアンをショットガンで吹っ飛ばし倒すのだが ある周波数が弱点と分かった後、まだ他にも存在しているエイリアンの仲間が襲ってくるのだが今からぶっ殺すといわんばかりの”ドヤ顔”。 これがラストカット。いただけない。これでエンドロールが流れる。 B級作品でも最もやってはいけない終わり方。 この監督さんの作り方を疑う。 前半のスリル感のみで☆2にした。

  • buc********

    4.0

    レビューが低くて驚いた

    いやいや、皆さん結構楽しんだのでは? 他人のレビューに引っ張られてない?? アラ探しばっかしてたらせっかくの映画の世界を楽しめないですよ〜 もっと大らかな気持ちで映画を楽しんでほしいです! 設定や物語の進め方に無理あるところもあったけど、ハラハラドキドキするように上手に制作されていたと感じました。 まあ、2回観ようとはあんまり思わないけど、続編は観てみたいな。 娘がブサイクとかひどい!苦笑… 逞しそうで良かったよ…

  • alf********

    3.0

    字幕で

    2022/5/4(水) bu

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
クワイエット・プレイス

原題
A QUIET PLACE

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日