2018年9月28日公開

クワイエット・プレイス

A QUIET PLACE

902018年9月28日公開
クワイエット・プレイス
3.1

/ 2,985

11%
26%
35%
18%
10%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(699件)


  • wan********

    2.0

    ほぼほぼスティーブン・キング

    キング好きな人は多分楽しめる、かも? クーンツやマキャモンが好きなわたくしは、物足りない。 こんなやつらに人類、負けるわけねぇじゃん、って感じ。 でも最初の荒廃感は好き、ただそれだけで最後まで観てしまった。

  • ech********

    3.0

    ショッカー高 スリラー中 サスペンス低

    ショッカーは高めですが、話に無理があるのでスリラーとサスペンスが効きません。 普通のドラマとしても、やはりお話が破綻しているのに加えて説明不足が多く話がみえません。 例えば、娘が難聴なんて初めの方ではわからないし、補聴器がなんであんな音出すのか、娘はなんであんなに拗ねてんのか、など。 最大の問題は、人類が滅亡するほど世界中に蔓延してるんだから何やっても一時しのぎにしかならない、って結論見えてるところ。 続編作るらしいけど、この問題は解決できないでしょう。星飛雄馬が実は右利きだった的なそれまでの話全部ひっくり返しのウルトラC出さないかぎりは。

  • ken********

    2.0

    最後のドヤ顔はどうなん?

    前半の世界が荒廃した世界観、音を立てたら殺されるスリル感は 今までにこのような作品はなかったのでかなりドキドキしていた。 設定としては成功したのではないかと思う。 しかし、エイリアン(!?)が現れだしてきてから何の映画なのかなと混迷してきた。目が悪くて音に敏感なエイリアンってどうなのかな。 そして、聴音機の周波数に異常に弱いという大弱点って… 極み付けはラストシーン。エイリアンをショットガンで吹っ飛ばし倒すのだが ある周波数が弱点と分かった後、まだ他にも存在しているエイリアンの仲間が襲ってくるのだが今からぶっ殺すといわんばかりの”ドヤ顔”。 これがラストカット。いただけない。これでエンドロールが流れる。 B級作品でも最もやってはいけない終わり方。 この監督さんの作り方を疑う。 前半のスリル感のみで☆2にした。

  • buc********

    4.0

    レビューが低くて驚いた

    いやいや、皆さん結構楽しんだのでは? 他人のレビューに引っ張られてない?? アラ探しばっかしてたらせっかくの映画の世界を楽しめないですよ〜 もっと大らかな気持ちで映画を楽しんでほしいです! 設定や物語の進め方に無理あるところもあったけど、ハラハラドキドキするように上手に制作されていたと感じました。 まあ、2回観ようとはあんまり思わないけど、続編は観てみたいな。 娘がブサイクとかひどい!苦笑… 逞しそうで良かったよ…

  • alf********

    3.0

    字幕で

    2022/5/4(水) bu

  • どぅんが

    2.0

    ネタバレ弱点

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • イゲ

    3.0

    音をたてたら即死。 空を飛ぶ鳥が自由で羨ましいです。

    皆さんのレビューはまだ見てませんが多分、突っ込み所が多いコメントのレビューが多いかと。 でもそんな事気にしたら映画は観られません。 面白かったのは観賞中の皆さんの方でした(汗) 作品の内容は音をたてたら危険と言う事もあり静かに進むのでポップコーンを食べるのも気を使います(笑) 観賞後、スピルバーグさんの「激突」を思い出したのは自分だけでしょうか( ´∀`)

  • やふたろう、やふこ

    2.0

    設定おもしろいが登場人物全員マヌケ

    音を立てたら視覚ゼロのエイリアンが飛んできてぶっ殺されるから人類は物音立てずに静かに生活しなければならないにも関わらず登場する家族の父母がなぜか子供を作るという何とも言えないマヌケ具合。 マヌケというよりアホなんだろう。 全人類皆この家族と同等の偏差値だからこんなに弱いエイリアンに地球を侵されてしまったのだろう。 ドラえもんのどこでもドアとタイムマシンを使わず回りくどいやり方で問題解決するあのムズムズに近いものを感じる。 こんなに弱いエイリアンに世界各国の軍隊が負けてしまったというのがこれまたおもしろい。 現実世界なら1週間と経たずに根絶できるくらい生命力の低いエイリアンにアホな人類が捕食される映画です。 設定はおもしろいんだから脚本どうにかしてほしい。

  • tak********

    3.0

    ネタバレ続編ありきの内容

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • kam********

    2.0

    どんな打ち方したらそこから釘出るんだよ

    枯葉踏むことにすら気を付けてる世界観でなんで階段のど真ん中に先っぽから生えてる釘放置してんだ 他にもツッコミどころ満載でハラハラドキドキと言った感情移入なんてとても不可能、出っ張った腹のアップからは完全に冷めた目で見ていた こんなものが全米で大ヒットしたらしい 全米という売り文句が無価値である事がよく分かった クリーチャーの頭部のデザインだけ秀逸なので星2つ

  • sb5********

    3.0

    ネタバレかなり粗いけど設定の斬新さとシンプルな構成が良かった

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • まんまるまるお

    1.0

    音無し

    屁をこいたら見つかってしまいそう

  • 1

    4.0

    ネタバレ普通に面白かった

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • tyo********

    2.0

    ネタバレ退屈だった

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • スナフキンM

    4.0

    アイデアの勝利、緊迫感持続で楽しまる

    ホラーとか怪物系というより、音のない世界という観点が秀逸。1時間30分未満の尺でありながら見ごたえあった。 うまいと思ったのはオープングからすでに怪物に支配されてしまっている荒廃状態から始まること。普通は謎の怪物という存在でその正体や能力説明を行うが、とにかく音を出せない状況を見せることでサイレントの世界に入り込めた。それゆえ、いろいろな怪物対策や避難方法などが家に準備されているのも納得である。 それでいて、一家と怪物の戦いを描くわけであるが、娘のが聴力障碍者であるのもミソになっている。なぜ、娘は父親から嫌われていると思い込んでいるとか、娘のために補聴器を開発したりしている部屋が秘密なのかは不明。 それにしても、冒頭の段階で母親が妊娠していることはわかり、これ、子供の出産時や泣き声どうするの?とわかっちゃいるけど、音を出せない世界がいかに大変かは、なるほどと思った。 アイデアは面白いのだが、ところどころ、他の映画を参考にしたのでは?と思いたくなるシーンを多数感じた。音を出さないために裸足になっているが、それによる釘で足を貫いてしまうが、これは「ダイ・ハード」かなとか、サイロのなかのトウモロコシで埋まってしまうのは「刑事ジョン・ブック」、クリーチャーはナイト・シャマランの「ヴィレッジ」を連想させた。そこが減点です。

  • aki********

    2.0

    セリフのない映画を見続けるのはストレス高い!

    ただそれだけ。飛ばし見。

  • つっちー

    4.0

    良かった!!

    ホラー映画が苦手な私ですが、最後までハラハラドキドキでき、目をつぶらずに観れました! お父さんがとても勇敢で、約束通り子供達を守り抜きましたが、可哀想でした… 2も観たくなりました!! 星4です!

  • kat********

    3.0

    イマイチ映画の世界に入って行けなかった。

    監督は、ジョン・クラシンスキーで、この人が主演も兼ねていて、その奥さんも、奥さん役として共演。 と、監督さんは良く分からないけど、奥さんのエミリー・ブラントは、好きな映画「オール・ユー・ニード・イズ・キル」(2014年)のヒロイン役を演じた人! 音を立ててはいけない劇中は手話でコミュニケーションを図るが、娘役のミリセント・シモンズはホントに聴覚障害者なんだとか。 物語は冒頭で設定を唐突に突き付けられ理屈は無くそれに沿って進行。 展開は、やや遅めで後半少しスピードUP。 音を立ててはいけない世界でポツンと一軒家みたいな自給自足生活をしてるが、あれじゃ釘一本打てないような… とか、そう言った細かい事が気になりイマイチ映画の世界に入って行けず冷めた目で視聴してしまった。 ジワジワ系の怖さはさほどでもなく、アクションシーンらしき物も特筆するほどではありません。 2021年に続編が公開されたそうですが、TVで放送されたら観ようかな。ぐらいかな。 それでも一応エミリー・ブラントが好きな方にはオススメします!

  • rokix

    4.0

    設定 世界観が面白い

    ツッコミどころを探すよりただ静かに寝込んでみたらいい 2も見たくなる 前半部分の自然が癒されるなぁ

  • nor********

    4.0

    助かった

    海外で暇つぶしに観た。英語もろくに聞き取れないので、話がわからなくなったら寝ようと思っていた。 そしたらなんと登場人物が喋らずに手話を始めた。字幕には中学校レベルの英語の字幕。展開も早くない。この斬新さは有り難かった。おかげで楽しむことができた。

1 ページ/35 ページ中