ここから本文です

ボックストロール (2014)

THE BOXTROLLS

監督
グレアム・アナブル
アンソニー・スタッキ
  • みたいムービー 8
  • みたログ 34

3.89 / 評価:26件

待った甲斐はあった

  • カーティス さん
  • 2018年7月18日 18時49分
  • 閲覧数 699
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

ずっと日本未公開だった作品。同じスタジオの『クボ』がヒットしてくれたおかげでようやく日の目を見たわけですが、これがなかなか面白くて、なんで未公開なのか不思議なくらいです。

チーズが名産の町に夜な夜な現れる怪物ボックストロールを巡る騒動を描いた作品。子ども向けにしてはけっこうブラックな作風なのが特徴。登場人物は皆曲者ぞろいですし、グロ描写もなかなか気合いが入ってます。上流階級をばかにするかの如きチーズ試食会の描写も辛辣で思わず笑ってしまいました。
テーマ自体は「外見や噂で人を判断するな」「困難から逃げずに立ち向かおう」というファミリー映画らしい教育的なものなのですが、上記のブラックさのおかげでそれほど説教臭い感じはしませんでした。ただ、ところどころに強引な展開があったのは気になりましたが、個人的には許容範囲内。

見どころはクセのある登場人物たち。とくにヒロインが強烈。グロイ話に目がない女の子で、ボックストロールを怖がっておきながら、ボックストロールが人を食わないと知った途端に文句を垂れる変人です。それでいて、父にかまってもらえずにすねたり、失意の主人公を不器用に慰めたりする年相応の側面もあるので、感情移入はしやすかったです。正直、タイトルのボックストロールを食ってしまっているほどの存在感でした。

監督が著名じゃないですし、『クボ』のように日本モチーフを使っているわけでもないので、宣伝に困る作品ではあったのかもしれませんが、この面白さで未公開はもったいないな~と思ってしまうような作品でした。外国のアニメ映画の未公開率はけっこう高いので、ソフト化してくれただけでも御の字なのかもしれませんが、やっぱり劇場で見たかったです…。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 楽しい
  • パニック
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ