レビュー一覧に戻る
若い女
2018年8月25日公開

若い女

JEUNE FEMME/MONTPARNASSE BIENVENUE

972018年8月25日公開

bakeneko

5.0

ネタバレみ~つめて オッドアイ♪

映画大学の卒業制作を元に膨らませた-新人女性監督レオノール・セライユのカンヌ国際映画祭カメラドール2017年(新人賞)受賞作品で、一人の女性が生活の苦闘を経て自立してゆく様子を生き生きと等身大視点で捉えています。 女学生時代に大学教授で写真家の恋人とメキシコに出奔したポーラ(レティシア・ドッシュ)は、パリに帰国した夜に恋人と喧嘩して街に放り出される。一緒に外に出ていた彼氏の猫を抱えて友人や母親の元を訪ねては拒絶される彷徨の果てに、知人と勘違いした女性の家に転がり込んで…という奮闘譚で、やがて問題児の家庭教師兼家政婦として住み家を確保しながら、ショッピングモールで女性下着の販売店に働きに出るようになり、子供に懐かれ、販売店の上司とも友人になって…と徐々に生活が開けてゆく様子と同時に自暴自棄だったヒロインの内面の自立も映し出して行きます。 レティシア・ドッシュは冒頭からエネルギッシュな熱演で、暴走する若さを見せていますし、周囲の人々の人間性と行動原理もきちんと掘り下げています。 ヒロインの行動パターンをネコ的に描き出していて、気儘でエネルギッシュな女の例えとして「カルメン」も劇中で歌われます。 「私のように美しい女」や「突然炎のごとく」の様に天然キャラとして衝動性と子供や生き物への愛情を併せ持つ-しなやかで強かなヒロインとパリでの自立奮闘を共体験できる映画で、現在のフランス娘には“ユキ”という名前もあることに驚かされますよ! ねたばれ? 1、劇中でヒロインが観ている映画は、ダグラス・サークの「悲しみは空の彼方に (1959年)」です。 2、劇中に-“リヨンは大きいだけで…”という台詞が出てきますが、セライユ監督はリヨン出身です。 3、左右の眼の色が違う=オッドアイは白人では約2000人に一人!(日本人では1万人に一人) 4、うちの猫も頭突きが得意です♡(挨拶のときは痛いほどぶつけてきます) おまけー本作のヒロイン:レティシア・ドッシュ奮闘作の紹介を… こらっ おとなしくしてれば調子に乗って…あまり弄り回すんじゃない-犬 「ソルフェリーノの戦い」(フランス/2013年/94分) 監督:ジュスティーヌ・トリエ 出演:レティシア・ドッシュ、ヴァンサン・マケーニュ、アルチュール・アラリ 働く女性達の応援映画を撮り続けている-ジュスティーヌ・トリエ監督のデビュー作で、TVのレポーターをしながら幼い2人の娘を育てているヒロイン:レティシア・ドッシュの長い一日の戦いが描かれます。 2012年5月6日=サルコジがオランドニに破れた大統領選の第二回投票の当日、TVレポーターのレティシア(レティシア・ドッシュ)は社会党本部があるソルフェリーノ通りの群集を取材するために現場に向かう。丁度その頃、別れた元夫(ヴァンサン・マケーニュ)が娘達に会おうとしてアパートを訪れて子守達と悶着を起こしていた。子供達の危険を感じたレティシアは娘達をソルフェリーノ通りに連れてくるように頼むが、既に通りは大混雑になっていて…というお話で、ヒロインの孤軍奮闘と男達の使えない&自己中が対比的に描かれてゆきます。 実際に現場にロケした群集シーンは圧巻で、セミドキュメンタリー的な臨場感がありますし、子供や犬への優しい視線と扱いの上手さは女性ならではであります。 レティシア・ドッシュは着替えシーンのオールヌード(あっけらかんとしすぎて色気なし!)を含めて体当たり熱演していますし、ヴァンサン・マケーニュはこの頃からオタク男を演じると抜群のリアルさを現出していたことが分ります。 ヒロインの長い一日の奮闘を本物の歴史現場ロケで活写した力作ですが、根底にある親子の情やヒューマニズムはフランス映画の良さを見せてくれますよ! ねたばれ? 題名となった“ソルフェリーノの戦い”は本作ではヒロインの奮闘を指しますが、近代フランスの歴史的勝利となった戦いを掛けています(日本ならば関が原の戦いといったところでしょうか)。つまり、“ソルフェリーノの戦い”と言えば一般的には、第二次イタリア独立戦争中の1859年6月24日、イタリア北部ロンバルディア地方のソルフェリーノを中心に行われた戦闘で、ナポレオン3世率いるフランス帝国軍とヴィットーリオ・エマヌエーレ2世率いるサルデーニャ王国軍の連合軍が、フランツ・ヨーゼフ1世率いるオーストリア帝国軍と衝突し、フランス・サルデーニャ連合軍が勝利した戦いを指します。この勝利でフランスとオーストリアの間で和平条約が結ばれ、オーストリアはイタリアに対する影響力を喪失しました。 その勝利を記念してオルセー美術館の近くの通りを“ソルフェリーノ通り”と改名したのです(フランス人は何か有ると記念に通りの名前を改名します-「ロシュフォールの恋人達」に因んでロシュフォール市が駅前通りを「ドルレアック通り」と改名したのは有名ですよね♡)。

閲覧数1,517