レビュー一覧に戻る
若い女
2018年8月25日公開

若い女

JEUNE FEMME/MONTPARNASSE BIENVENUE

972018年8月25日公開

ali********

5.0

パリの人間関係や生活のオモテウラが分かる

恋人に振られるだけでなく、家や仕事を探すのは意外で、欧米女性はそこまで男に依存しないイメージがありましたが(日本でも最近はそうだ)。私の座右の書の1つ『パリの暮らし方』(トーザン)によれば、別れを宣告するのは女性の方が多いとか。でもフランス男も同様に、日本人より個人主義またはエゴイスティックなのでしょう。 次の居場所を探す過程で、パリの生活風景がいろいろ見れて、興味深いです。昔繰り返し見た名作『緑の光線』(ロメール監督)もそうでした。冷たい人、助けてくれる人が登場する。日本よりは、暖かい社会でしょうか。また主人公は、英国映画『ブリジット・ジョーンズの日記』に似て、多少難ありの人物として設定されていますが、その方が共感が得られるし、(私を含む)多くの観客の参考になります。 上記『パリの暮らし方』によれば、フランスでは、恋人がいないと1人ではレストランにも入りにくい。(1人のときはカフェに行くそうです。)でもあまり必死で次の彼を探すような態度は、賢明で自律的な(?)フランス女性ならとらないはずで、感情と合理性をどうバランスさせるか、見どころですね。こういう場合、イギリス映画なら微妙に展開するが、アメリカ、フランスはハッピーエンドが好きなのですが・・・

閲覧数1,615